名手・達人の言葉

2007.11.28

ここまでくると、もう技術ではない。気が球を動かす。 成宮喜兵衛

 時をさかのぼること、1932年(昭和7年)。この年の日本アマチュア選手権の決勝(マッチプレー)は、成宮喜兵衛と鍋島直泰によって争われた。

 当時はゴルフをするといえば、元華族か、財閥かの上流階級に限られていた。

 しかし、成宮は京都老舗呉服問屋・成宮商店の跡継ぎで、いわば平民。

 対する鍋島は佐賀鍋島藩の21代当主で、旧世代の価値観、士農工商のヒエラルキーからすれば、殿様と町民でダントツのピンとキリ。 

 その殿様と町民が、丁々発止したあげく、町民が殿様を4-3で破り、マッチプレーになって初の関西出身チャンピオンとなったのである。

 この試合の後、成宮は手記を発表しているが、その中で書いてあることに、表題の「言葉」が入っている。

 その部分を要約すると

〈ボールに魂を打ち込んで、アプローチするとこれが寄って、いつもは外すパットまで入った。ここまでくると、もう技術ではない。気が球を動かす。勝負に大事なことは技術ばかりではないとつくづく感じた〉とある。

 この“気”とは気力であり、集中心であり、闘志であるのだろう。

 ゴルフではやはり技術を超えた何かを持たなければ、名手の域には達しないのであろう。

 成宮は1942年(昭和17年)にも2度目の日本アマ優勝の栄冠を得ている。

 成宮は粋人でもあった。小唄や謡曲は玄人の域で、華道、茶の湯もよくした。

 42年の日本アマは川奈ホテルGCで行なわれたが、この時は茶道具一式、華道用の花を持ち込み、茶をたて、花を生けて、心の平静を保ったという。

 ただの老舗のボンボンではなかったのである。

 
 
■成宮喜兵衛
(なるみや・きへえ 1903~1971)
京都の老舗呉服問屋の跡取りに生まれ、ゴルフを始めたのは昭和初期の頃。関西から関東のコースへも足をのばし、腕を上げていった。日本アマは1932年、1942年の2度制している。豪放磊落、粋人で小唄、謡曲、能仕舞など玄人はだしで、また茶道、華道もよくした。戦後は関西学生ゴルフ振興に力を注ぎ、「成宮杯」を創設。酒豪でもあり、晩年はその酒で肝硬変を患い、それが命とりになった。古都の粋人ゴルファーを髣髴とさせるエピソードにみちた人生だった。

 

ゴルフ名言集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー