名手・達人の言葉

2007.09.05

ゴルフは、次のショットのためにどうするか、を考えるゲームである。 ビリー・キャスパー

 キャスパーは、パーマー、ニクラス、プレーヤーのビッグスリーに対して、ビッグワンと呼ばれた実力者。

 堅実、緻密なゲームの組み立ては確かな知性が感じられた。
パットの名手といわれた裏には、やさしいパットラインを残すように打つ“前のショット”の緻密な計算があったからであろう。

 66年の全米オープンでは最終日、パーマーとの7打差に追いつき、次の日のプレーオフに勝っている。
 また、年間平均ストローク1位に与えられるプロゴルファー最高の栄誉、バードントロフィを5回獲得しているのも、冒頭に掲げた言葉通りのゴルフをしたという証左であろう。

 ビリヤードの名手であったことも、緻密なゲームプランナーだったキャスパーを彷彿とさせる。

 スウィングもスムーズで、インパクトからフォロースルーにかけて右足が左足に擦り寄る動作も、ウェートシフトを合理的に実現させる独自の方法であった。
 最近の例では岡本綾子がそうであった。

 敬虔なモルモン教徒としても知られ、何人もの養子をとって育てたり、ジュニアゴルフ普及と社会貢献に余念がない。

 そんな重篤なプロゴルファーだったからこそ、一層の重みを持つ「言葉」である。

 
 
■ビリー・キャスパー
(ウィリアム・アール・キャスパーJr. 1931~)
13歳でHC24の少年が、ノートルダム大学を経てプロ入りし、ツアー参加するまでわずか10年。天与の才があったのだろう。レギュラーツアーで51勝。メジャータイトルは1959、66年全米オープン、1970年マスターズと3勝。特に66年の全米オープンでは最終日、パーマーとの7打差に追いつき、翌日のプレーオフで破る快挙をなしとげている。バードントロフィ5回受賞。ニクラス等のビッグスリーに対し、ビッグワンとも称され、独自の地位を築いた。パットの名手ともいわれたが、ビリヤードの名手としても有名だった。また敬虔なモルモン教徒として数々の社会貢献もつくした。

 

ゴルフ名言集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー