名手・達人の言葉

2007.06.27

殴られていうこと聞く者はいないよ。たまには殴られるボールの身になってごらんよ。ハービー・ペニック

 優れた指導者というものは、喩え話が上手い。
それも誰にも分かるようなやさしい喩えで、
しかも含蓄のあるフレーズが成立する。

 ペニックはマスターズに2勝したベン・クレンショー、
全米オープンを制したトム・カイトを育てた
テキサス大学のコーチ、名伯楽として知られる。

 大学でももちろん指導したが、
2人ともジュニア時代から指導を受けている。
だからなのだろう、子供にも届く平易な言葉で
しかも子供達が興味をもつ文言を多く遺しているのは。

 そもそもペニックは、
自分の型に押し込めて強制するモーレツ型指導者ではない。
その時々に悩みごとなど聞き、アドバイスする形で、
選手達のモチベーションを持続させたり、勇気づけたりして、
どちらかというと心理学者に近い指導者であった。

 冒頭の言葉もいかにもペニックらしい含蓄に富むではないか。
その当時の糸巻きボールはトップしたりすると、
表皮が切れてしまったものだ。
「そんなにいじめちゃ、ゴルファーのいうことなんぞ聞くもんかね」

 またアプローチなどでは
「優しく扱わないと、言うこと聞いてくれないよ」

 そんなペニックのつぶやきが聞こえてきそうである。

 
■ハーヴィー・ペニック
(1905~1995年)
バイロン・ネルソンらとツアープロとして活躍したあと、全米初のティーチングプロとなる。テキサス大学のゴルフ部コーチを長く務め、同校を全米屈指の強豪校に。トム・カイト、ベン・クレンショーらを育て、男女多くのツアープロにも多大な影響を与えた。

 

ゴルフ名言集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー