名手・達人の言葉

2007.02.28

寛容で礼儀正しく、思いやりの心さあれば、実社会で生涯かけて得る尊敬以上の尊敬をいとも簡単にコースから得ることができる。ホレス・ハッチンソン

 お洒落で、インタビューなどで粋なコメントを残すなど
ツアーの人気者だったデュマレらしい言葉だ。

 たしかに会心のショットを放った得意満面の笑いも、
パットで4つも5つも叩くと苦笑い、
やけになってのやけくそ笑いも、「笑い」には違いない。

 ラウンドでは何が起きるかわからない。
OBをやったあと、≪ホールインワン≫をやった例もあるし、
ゴルフは一寸先は闇といわれる所以である。

 だからこそ悲喜こもごも、心は平らにして、
何事をも冷静沈着に処理していく
ゴルファーが大成するのだろう。
 
 
■ジミー・デュマレ
(1910~83年)
米国テキサス州生まれ。ツアーではカラフルなファッション、エスプリの効いた言辞で人気を博した。メジャーのマスターズは40、47、50年と3勝。全米オープンでは48年、ベン・ホーガンの後塵を拝し、惜しくも2位。57年、霞ヶ関CCで行われたワールドカップへ米国代表として来日。

 

ゴルフ名言集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー