名手・達人の言葉

2006.11.08

何で入らなかったのか、納得いかずに引き返してやってみたの・・・岡本綾子

これだけではむろん、分からない。
シチュエーションはこうだ。

時は1991年、ベセスダCCで行われた全米女子プロ選手権。
優勝はメグ・マローン。
岡本は1打差で2位に沈んだ。

89年での同大会でも2位。
87年には全米女子オープンでは、
3人のプレーオフで破れ去っている。

しかし、その年は賞金女王の座に輝いている。
つまり、岡本はメジャーにいつ勝ってもおかしくないし、
また勝つことは必然だと思われていた頃の話である。

91年の全米プロに話を戻すと、最終日、最終ホール、
岡本は4メートルのパットを残していた。
これを入れると、マローンに並び、
プレーオフに持ち込むことができる。

岡本は打った瞬間、
入ったという顔をしてカップを見つめたが、
しかしボールは無情にもカップの右縁に外れた。

「完璧に打てたの。入ったと思った」
という岡本はなぜ外れたか、納得がいかないまま、
会場を後にした。

が、ステアリングを握りながら
岡本はUターンすることになる。

そして再び、18番グリーンで
さっきと同じ4メートルを打って、
やっと完璧に打てたパットがなぜ外れたか、
納得するに至るのである。

カップの10センチほど前に、1本の強い芝芽があって、
それがボールの転がりをわずかに右に変えてしまったのだ。

わずか1本の芝芽が勝負の明暗を分けたのである。

その後、岡本はメジャータイトルに手が届くことはなかった。

 
■おかもと・あやこ
(1951年~)
広島県生まれ。今治明徳高校~大和紡績ではソフトボール部でエースで4番バッター。国体優勝の祝勝旅行のハワイでゴルフに出会い、帰国後池田CCで修行。翌年には2回目の受験でプロテスト合格。そして次の年の75年には初優勝。81年には年間8勝して賞金女王に。81年、米女子ツアーテストに合格。翌年初優勝。87年4勝をあげ、日本人初の米女子ツアー賞金女王に。国内44勝、海外18勝。05年、米国女子ゴルフ殿堂入りの快挙も果たす。

 

ゴルフ名言集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

岡本綾子の名言集 - 岡本綾子さんの印象に残る言葉や胸を打つ名言を集めました。

運営会社 | プライバシーポリシー