名手・達人の言葉

2006.09.06

ゴルフは3回も楽しめるゲームだ。コースに行くまで、プレー中、プレー後である。ただし内容は、期待、絶望、後悔の順に変化する。アーサー・バルフォア

前回に引き続き、
イギリスの政治家バルフォアの登場である。

さすが、ゴルフの著作もものにし、
首相をつとめながらハンディを縮めた御仁である。

ゴルファー心理のエスプリと嗜虐に富んでいて見事である。
またこんな文言も残している。

「男にとって、不可解なものがこの世に3つある。それは形而上学と、ゴルフと、女心だ」

古今東西、時代は移っても女心とゴルフは男にとって不思議で不可解なものであるらしい。
 

■アーサー・J・バルフォア
(1848~1930年)
イギリスの政治家。1902年から3年間、首相を務めたのち、第一次世界大戦勃発で海軍将として入閣。やがて外相に転じ、パリ講和会議には全権大使として、ベルサイユ条約に調印した。ゴルフは幼少の頃から親しみ、首相在任中にHCを9から5に引き下げ、「パラメンタリィ・トーナメント」では3連勝の記録も。3冊の哲学書、2冊の外交史、さらに2冊のゴルフエッセイも残している。

 

ゴルフ名言集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー