名手・達人の言葉

2006.04.19

プレッシャーを楽しみたい。 倉本昌弘

一時期、ゴルフ界のみならずスポーツ界は「プレッシャー」という言葉が花盛りだった。

どのスポーツでも解説などプレッシャーに勝てるか……
などという表現をしたのだが、筆者など、
『そんなにプレッシャーさんて強いのかい。スポーツ万能だね』
とツッコミをいれたものだ。

ともかくプレッシャーというものは、
心に重圧をかけるものだから、苦しいのである。
それを倉本は『楽しみたい』と表現したのだ。

試合に楽しむという概念を持ち込んだのも倉本世代からだった。

青木、尾崎、中島のAON時代に倉本を頂点とした
学生ゴルフ部出身のプロが華やかにニューカマーとして、
トーナメントへ参戦してきたときであった。

この倉本の言葉には裏にこんな思いがあったようだ。

プレッシャーがかかるということは、
優勝争いしている位置にいるということである。
逆にいえば、その位置にいなければ重圧も感じないわけで、
自分はいつもその位置にいることを楽しんでいるということである。

倉本のプレースタイルは決断も早く、爽やかで、
「楽しむ」という言葉がよくマッチしていた。

 

■倉本昌弘
(くらもと・まさひろ 1955年~)
ジュニア時代から天才として名を馳せ、日大ゴルフ部時代は日本学生4連勝をはじめ、アマのタイトルはすべてとった。意外にもプロテストは2度目の挑戦で受かったが、その年は5勝して賞金ランクも2位と活躍。その後も勝ち星を重ね、33勝。永久シードも手に入れている。82年の全英オープンでは日本人最高4位。03年には59ストロークという世界タイ記録もつくった。06年の今年、米国シニアテストをトップ合格。シニアツアーに挑んでいる。

 

ゴルフ名言集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

倉本昌弘の名言・格言集 - 倉本昌弘のその他の名言はこちら

運営会社 | プライバシーポリシー