名手・達人の言葉

2006.01.25

飛距離はもって生まれたもの。逆らっては自分のスタイルは確立しない。 宮本留吉

宮本留吉は日本のプロゴルファーの草分けだが、身長160センチ、体重60キロに満たない小兵だった。日本最古の神戸ゴルフ倶楽部で、キャデイをやりながら、見よう見真似でゴルフを覚えた。

第1回の日本プロ選手権で勝ったころは、小兵ながらよく飛んだという。しかしその後、アメリカに遠征して大男達の飛距離に驚きながらも、球聖ボビー・ジョーンズと対戦し、見事2エンド1で勝利をおさめている。

このとき、勝った宮本は賭けた5ドルを手にして、その紙幣の表にジョーンズのサインを求めた。この記念の紙幣は廣野GCの日本ゴルフミュージアムに展示されている。

ともかく、宮本の飛距離でも世界に通用したのである。

「飛距離にこだわりすぎると、スコアは逃げていく。自分の『分』を見極め、7割の力で得た距離でゲームを組み立てる。これがスコアメーキングの要諦である」
 

■宮本留吉
(みやもと・とめきち 1902~1985年)
小学校卒業後、神戸GCでキャデイに。見よう見真似でゴルフを覚え、日本で3番目のプロゴルファーに。草創期の試合に勝って、長い船旅ののち、ハワイ、アメリカを転戦。全米オープンや全英オープンにも挑戦。やがて茨木GCのキャディマスター兼プロとして職を得る。そこで、アメリカから新理論を持ち帰った赤星六郎に薫陶を受け、ベースボールとオーバーグリップを混ぜた、独特のグリップを編み出した。その後、日本オープン6勝、日本プロ4勝、関西プロ、関東プロ各4勝と草創期の雄となった。クラブ製作にも造詣が深く、また練習場でのインストラクター育成にも多大な功績を残した。

 

ゴルフ名言集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー