名手・達人の言葉

2005.12.21

マイ・ベービー。うちの子と同じ泣き声だ。おじさんもこのパットをやめて早く家へ帰りたくなったよ。 トム・ワトソン

この言葉は1983年、全英オープンが行われたロイヤル・バークデールの最終日、15番ホールで聞かれた。

ワトソンら4人が首位に8アンダーで並び、ワトソンはこのホール、3・5mにつけてバーディを狙うパットの構えに入った。

シーンと静まりかえった中、突然子供の泣き声が。人々が沈黙したのが恐くなったのか、2歳くらいの男の子が泣き出してしまったのだ。

睨みつけられ糾弾されると思った父親は身をすくめる。しかし、ワトソンはにこっと笑って冒頭の言葉をやさしく投げたのである。ほっとした空気と陽気な笑い声がギャラリーをつつんだ。

ワトソンはそのパットを外したものの、次の16番でバーディをとり、そのまま逃げ切り5回目の全英オープン優勝を果たした。

ワトソンは温厚篤実、知性の人として知られる。名門スタンフォードを卒業(これが難しい)して、もしプロゴルファーにならなかったら、弁護士になっていたろう。

もし、あの時、ワトソンが怒りまくっていたらどうなったろうか?その怒りで自分の心を壊しはしなかったろうか?

あの言葉でギャラリーの中に救われた空気が流れ、子煩悩、温かい家庭を大事にしているであろうワトソンを応援するような雰囲気になったことは確かであった。その場で取材した筆者自身が感じたことである。

 

■トム・ワトソン
(トーマス・スタジェス・ワトソン)
1949年、米国生まれ。スタンフォード時代は勉学に力をそそいだのか、これといった成績は残していない。71年プロ入りと同時にツアー参加。ツアーでの勝利39。メジャーは全米オープン1勝(82年)、マスターズ2勝(77、81年)、全英オープン5勝(74、77、80、82、83年)計8勝。帝王二クラスを継ぐ新帝王といわれるまでになったが、極度のイップスに襲われ、全米プロはとれず、グランドスラマーにはなっていない。シニア、他の勝利を加えれば55勝をこえる。知性派として知られ、88年にはゴルフ殿堂入りも果たした。

 

ゴルフ名言集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

トム・ワトソンの名言集 - >トム・ワトソンの心に残る言葉や優れた言葉を集めました

運営会社 | プライバシーポリシー