名手・達人の言葉

2005.11.24

基本を身につける前にスコアをつけようとするのは、歩きかたを覚える前に走ろうとする馬鹿げた行為だ。 ジーン・サラゼン

練習場にもいかないで、いきなりコースデビューする輩もいる時代はいつからなんだろうか? その昔はある程度の基本を身につけてからではないと、コース側もラウンドはさせなかった。

それを判断するのは一緒にまわるメンバー。どのコースにもマナーに厳しいうるさ型のご意見番がいて、チェックに目を光らせていたものだ。

筆者などもゴルフを始めた頃は、「スコアをつける暇があったら、クラブをもって走りなさい」と叱咤されたものだ。

10いくつも叩いていながら、勝った負けたとニギリに夢中でスコアをつけ、グリーンからなかなか離れない。スロープレー、それに上達を妨げる最大の要因といってもよい。

 

■ジーン・サラゼン
(1902~1999年)
ニューヨーク州ハリソン市にイタリア系移民の長男として生まれる。貧しい家計を助けるため10歳でキャディになる。17歳で学校は中退。大工の見習いになるが、大病。その後パブリックゴルフ場につとめプロゴルファーへの道が開けた。20歳のとき、「マッチの鬼」といわれたウォルター・ヘーゲンを破り全米プロに勝ち、メジャーでの初勝利をもぎとる。28年には全英オープン、30年全米オープン、33年にはあの有名な15番のダブルイーグルでマスターズを制覇し、世界で最初のグランドスラマーに。ゴルフ殿堂入りもしている。日本では「ジュンクシック」のホストとしても親しまれた。

 

ゴルフ名言集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー