名手・達人の言葉

2005.11.09

「54ビジョン」を実現できれば、世界最強のゴルファーになれる。 ピア・ニールソン

「54ビジョン」とは、18ホールすべてにバーディを奪って54のスコアを達成しょうという考え方だ。

提唱したのはピア・ニールソン。現在世界女子プロの頂点に立っているアニカ・ソレンンスタムの先生といったほうが、分かりやすいかもしれない。

ゴルフに完全はない。しかし、それに近づくための指標は必要である。その指標が54というスコアなのである。

かといってまだ誰も54を達成していないし、これからも出ないかもしれない。しかし、それを不可能と決めつけると自分で限界をつくることになると、ピアはいうのだ。

ソレンスタムのゴルフをみれば限界へ挑戦しているのがよく分かる。宮里藍もこの「54ビジョン」に共鳴していて、キャディバッグにもサインにもこの数字を書き込む。

藍は今年の「樋口久子ICD」で最終日の最終ホール、2位に7打の大差をつけながら、このホールのバーディパットを決められなかったことをいちばんに悔しがった。

54ビジョン達成にいかに奮励しているか、如実に物語るエピソードであろう。

 

■ピア・ニールソン
(1958年~)
スウェーデン・マルモ生まれ。74年~81年スウェーデンナショナルアマのメンバーとして活躍。81年米国アリゾナ州立大卒。83年から5年間米国LPGAツアー、87年から3年間は欧州女子ツアーに参戦。通算8勝。96年からはスウェーデンナショナルチームのヘッドプロに就任。リサロッテ・ノイマン、アニカ・ソレンスタムらに英才教育をほどこし、ゴルフ王国スウェーデンの礎を築く。その功績により国王により国民栄誉賞を授与される。99年「54ビジョン」を小社より上梓。

 

ゴルフ名言集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー