名手・達人の言葉

2005.09.14

わたしが最も尊敬するゴルファーは誰あろう、エジプトのスフィンクスだ。2千年になんなんとする間、バンカーにいながら、泣き言ひとつと言わんじゃないか!  デイビッド・ロイド・ジョージ

皮肉と諧謔にすぐれた文言を残した英国の宰相、ロイド・ジョージの、ゴルフのそれの2度目の登場である。

政治家としてはいまだに毀誉褒貶なかばし、歴史的評価は定まっていないようだが、諧謔に富んだジョークは一流と評価されている。

もう一人のゴルフ好きの宰相、ウィンストン・チャーチルはナチスドイツの野望を砕き、故国を救った英雄としていまも崇拝されているが、ゴルフでの名言は残しているだろうか?

「ゴルフが道連れの人生は決して退屈することがない」とゴルフ礼賛している。

また「コースでモタモタするやつは、何をやっても失敗する」とスロープレーヤーをなじってもいるが、皮肉と諧謔にかけてはロイド・ジョージのほうがおもしろい。

チャーチルはノーベル文学賞もとっていて文言をあやつるには自家薬籠中だと思えるのだが。

それはやはり貧しい階級出身のロイド・ジョージと、貴族出身のチャーチルの差かと思うのはうがち過ぎか……。
 

■デイビッド・ロイド・ジョージ
(1863~1945年)
イギリスの第一次世界大戦の政治家。困窮から大学ヘもいかず、弁護士で身をおこし下院議員から蔵相、ついには首相の座へのぼりつめた。日本もモデルにした健康保険など、社会保障制度の礎を築いた。反面、首相の地位を利用して財を成し、ヒトラーを評価し、巧みな弁舌で大衆を鼓舞して大戦を乗り切り、ポピュリストともいわれた。一匹狼で女性関係も華やか。ゴルフの腕前のほどはさして伝わっていないが、伯爵までなったのだから、相当コースにも出たのだろう。ゴルフでのこの諧謔の言葉の見事さは、特異な人格形成をしたなかから生まれた、物事を鋭く分析する視点で生み出されたといえる。

 

ゴルフ名言集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー