名手・達人の言葉

2005.08.03

自信ある我流は、確信なき正統派にまさる  ――アーノルド・パーマー

パーマーは『パーマー・チャージ』で、攻撃的なゴルフで一世を風靡した。帝王二クラスは記録を残したが、パーマーは記憶を残した。史上ダントツの人気者であった。

ゴルフスタイルも攻撃的だが、スウィングもまたハイフィニッシュで、正統からは遠かったが、ダイナミックで扇情的であった。そのハイフィニッシュはダグフックを防ぐために、自らが考案したものだったが、教科書的なスウィングとはとてもいえなかったのである。

いまでいうなら、米ツアーでのジム・ヒューリックは変則といわれているが、全米オープンをとったし、日本女子ツアーの横峰さくらは、極端なオーバースウィングだがプロ入り1年目にして初優勝もした。

たしかに偉大なゴルファーのほとんどが、流麗な正統的スウィングの持ち主であるのは事実だが、美しいスウィングといわれながら消えていったゴルファーも、星の数ほどいるのもまた事実なのである。

 

■アーノルド・パーマー
1929年米国生まれ。ウェイクフォレスト大学在学中に全米アマ優勝。PGAツアーに参加。60勝をあげている。シニアで獲得したタイトルは10勝。ツアーでの勝利のなかには全米オープン、マスターズ、全英オープンのメジャータイトルも含まれているが、全米プロは2位は3回あるが、優勝はなく、グランドスラマーにはなっていない。しかし、プロ入りから一貫して、チャージ・スタイルは変わらず、圧倒的人気を呼び、アーニー・アーミーズなる親衛隊を生み、国民的ヒーローとなった。ゴルフを米国のメジャースポーツの地位へと引き上げる牽引力となったのである。

 

ゴルフ名言集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

アーノルド・パーマーの名言集 - アーノルド・パーマーの感慨深い名言を集めました。

運営会社 | プライバシーポリシー