名手・達人の言葉

2005.06.29

世界中のラフは、ロングヒッターで溢れんばかりだ!  ――ハリー・バードン


ドライバーショットはスコアメーキングという点で考えると、ひとつの要素でしかない。
アイアンショットの1打も、アプローチの1打も、パットの1打も等しく1打なのに、なぜかドライバーショットでは飛んだの、飛ばないだのと血道をあげる。


確かにドライブが飛ぶと、それだけアドバンテージにはなろう。
しかし、飛ばせば飛ばすほど、曲がる確率が高くなることも確かなのである。
距離が出るばかりにOBになるリスクも高くなるということである。飛ばし屋たちはここを忘れてしまっている。


バードンはこのことを言いたかったのである。飛ばすばかりがゴルフではないよ。むしろ不利になることも多いのだよと。
現にメジャーの、特に全米オープンや全英オープンはただの飛ばし屋には栄冠をわたさないコースセッティングをする。事実、歴代のチャンピオンを見渡すと飛距離よりは正確性を旨とした者が勝利を得ている。


むろん飛んで曲がらない天才、帝王と謳われたジャック・二クラス、現在ではタイガー・ウッズは例外にしても、今年の全米チャンプ、マイケル・キャンベルのようにシュアなプレーヤーが勝利することが多いのである。


そしてアマチャアなど特にロングヒッターは自分の飛距離に酔うあまり、それの練習しかしない。


逆に飛ばない人はアプローチなどのスキルを磨いてオールラウンドプレーヤーを目指そうとする。飛ばし屋が大成しないという理由がそこにある。


バードンはロングヒッターを皮肉るだけでなく、警鐘をも鳴らしたのである。

 

■ハリー・バードン
1870~1937年。イギリス生まれ。全英オープン3勝した時点で「バードンフライヤー」というボールのプロモーションで渡米。全米オープンに勝つ。全英はその後も3勝し、計6勝は現在も破られていない。フックに悩んだバードンはオーバーラッピンググリップを創意。近代ゴルフへの道を開いたことを称えて、米ツアーの年間平均ストローク1位の選手にバードントロフィーが贈られている。

ゴルフ名言集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

ハリー・バードンの名言集 - 感銘深い名言を集めました。

運営会社 | プライバシーポリシー