名手・達人の言葉

2005.06.15

目の前のボールに集中しろ。スコアはそのあとからついてくる ――ジーン・サラゼン


この類いの名言は他にもあるが、サラゼンが言ったところに面目が躍如としている。


というのも、サラゼンは163センチとアメリカ人のなかでは非常に小柄なのだが、負けん気は人一倍強かった。


「ゴルフは小さいほど有利だ。だって大男なら地面のボールは豆粒だが、わたしにはディンプルのなかのほこりでさえ見える」とうそぶいて、大男に敢然と向かっていった負けず嫌いである。


その迫力が『集中しろ』にこもっている。その気迫で世界で最初の―全英オープン、全米オープン、全米プロ、マスターズの4冠をとる―グランドスラマーになった。


しかし後年はTV解説、世界中を旅してのチャリティーゴルフなど、好々爺のゴルフ親善大使としてその名を知られた。アイデアマンで、サンドウェッジの発明者でもある。

 

■ジーン・サラゼン
1902~1999年。ニューヨーク州ハリソン市にイタリア系移民の長男として生まれる。貧しい家計を助けるため10歳でキャディになる。17歳で学校は中退。大工の見習いになるが、大病。その後パブリックゴルフ場につとめプロゴルファーへの道が開けた。20歳のとき、「マッチの鬼」といわれたウォルター・ヘーゲンを破り全米プロに勝ち、メジャーでの初勝利をもぎとる。28年には全英オープン、30年全米オープン、33年にはあの有名な15番のダブルイーグルでマスターズを制覇し、世界で最初のグランドスラマーに。ゴルフ殿堂入りもしている。日本では「ジュンクシック」のホストとしても親しまれた。

ゴルフ名言集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー