名手・達人の言葉

2004.11.24

プレーは、結果によって考えず、原因で考えるのが上達の秘訣である。 ――ベン・ホーガン

 ベン・ホーガンはアイスマンのニックネームがあるように、冷静沈着で知られ、そのうえに無類の無口であった。ところが、名言・金言の類いは歴史上1、2位を争うほど残っている。つまりめったに喋らないから、誰もがコメントを待っているし、喋っても多くは語らないから、含蓄に富むのであろう。要するにホーガンが喋ればすべて、名言になったのである。

 さて、この名言である。ひとつのショット、ひとつの試合でいちばん自分に分かるのはその結果である。「あの時OBにならなければ‥‥」とか、自分の不運、相手の幸運などで結果ばかりを考えがちだ。しかし、これだと永遠にその結果ばかりを追うしかない。そうしないためには、結果だけでなく、なぜそうなったか、原因を考えることで、次回からそのミスなりを防ぐことができるというわけだ。

 原因にはボールを打つというフィジカルなこともさることながら、精神面のことも大いに考えなければならないだろう。上級者になればなるほどこちらの精神面のウェートが大きくなるといえる。

 最後の18番でやっと当たったと思ったらもう終わり。それをゴルフにいく度に繰り返すばかり。あなた、あなたのことですよ! その原因を真剣に考えたら、すこしずつは必ず進歩するはずですよ。

 

■ベン・ホーガン
1912~97年。米国テキサス州生まれ。19歳でプロ入り。173センチ、74キロと小柄ながら稀代のショットメーカーとして、伝説的存在。全米オープン4回、マスターズ2回、全米プロ1回、全英オープン1回の優勝歴を持つ。圧巻は1949年、再起不能といわれるほどの自動車事故に遭いながら、奇跡のカムバックを果たしたことでも知られる。不屈の闘志、アイスマンと称された冷静沈着なプレーで、53年には全米、全英両オープン、マスターズと勝利し、同年グランドスラムのチャンスだったが、全米プロには重きを置かず不出場。もし出場してれば勝ってたといわれる。飛行機嫌いで、全英オープンも1回獲ったらやめてしまったほど。ボビー・ジョーンズと並び称される最強のゴルファーとされる。

ゴルフ名言集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー