数字の部屋

2014.08.13

長子・中間子・末子・一人っ子~国内女子プロの割合は?

長子・中間子・末子・一人っ子~国内女子プロの割合は?

大いに盛り上がっている今年の女子ゴルフ。7月の末に行われたプロテストでは、“最強アマ”として注目されていた堀琴音と柏原明日架が合格。今度は最強のプロを目指すことになりました。

「ふたりのプロデビュー戦となった先日のMeijiカップでは、明日架ちゃんは予選を通過して47位タイ。一方、琴音ちゃんは1打足りずに惜しくも予選落ちに終わった。次のNEC軽井沢では頑張って欲しいわね」

近い将来、お姉さんの堀奈津佳とのV争いを見たいものです。

「データによると、プロテストに合格して日本女子プロ協会の会員になった姉妹は、堀姉妹を含めてこれまで16組。姉妹プロといえば最近では、横峯瑠依・さくら姉妹や馬場ゆかり・由美子姉妹が有名ね。ところが姉妹がともにシードを獲得、またはツアー優勝を果たしたケースは過去にない。堀奈津佳は過去に2勝しているから、琴音ちゃんがシード獲得、あるいはツアーVを果たすと“姉妹初”ということになるわ」

一般的にいわれる兄弟姉妹の性格特性からいうと、長子(兄弟の中で最初に生まれた子)は慎重で無理をしない傾向があるのに対して、末子(兄弟の中で最後に生まれた子)は、チャレンジ精神が旺盛といわれます。末っ子である琴音ちゃんの今の実力からすれば、ツアーVやシードは実現の可能性が高いように思えます。

「兄弟の心理学からみるとプロ向きってわけね。プロゴルファーって、やっぱり末っ子が多いのかな?」

というわけで、国内女子の今年のシード選手51名における、長子・中間子・末子・一人っ子の割合を調べてみました。それによると、長子は堀奈津佳ら16人(31%)で、兄姉・弟妹に挟まれた中間子は佐伯三貴ら5人(10%)。末っ子は森田理香子ら25人(49%)と圧倒的に多く、一人っ子は5人(10%)という結果です。

「やっぱり末っ子か。叩かれてもへこまない強さがあるのかも」

ちなみに先輩の兄弟構成は?

「私は二人の男兄弟に挟まれた中間子。自己主張が激しいと他人からいわれるわ。そういう新人くんは?」

僕はおおらかな一人っ子。競争意識が低い草食系です。

「だからいつまでたってもゴルフが上手くならないわけね。納得!」。

……。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー