数字の部屋

2014.07.09

【全英オープン】優勝者の1日の最多アンダー数はいくつ?

【全英オープン】優勝者の1日の最多アンダー数はいくつ?

梅雨明けが待ち遠しい今日この頃。夏休みはどこでゴルフを楽しもうか? ネットでコースを検索することが7月の恒例行事になりました。

「確かに梅雨は退屈ね。今年はワールドカップサッカーで盛り上がろうと思ったけど、残念ながら日本はグループリーグで敗退。何かいいことないかしら?」

7月といえばやっぱり全英オープン。米ツアー初優勝を遂げた松山英樹がどんなプレーを見せてくれるのか? 6月に復帰したタイガー・ウッズは? などなど、見どころはたっぷりです。

「今年の舞台はロイヤルリバプールGC。英国では2番目に古いゴルフコースで、全英OPは過去11回開催されているわ。前回は2006年。その時はタイガーが270ストローク(通算18アンダー)の好スコアで勝利したのよ」

奇しくも、今年の全英OPも快挙を成し遂げげたロイヤルリバプールGCと同じコース。復活して間もないこともあり、まだ本調子ではありませんが、一体どんな記録が出るのか楽しみですね。

「タイガーのすごいところは、トータルスコアももちろんだけど、67、65、71、67と、全日程を通して安定したスコアで回っているところよね」

まさしくそうです。2日目は65で7アンダー、3日目は70台だったものの、最終日で盛り返しましたからね。実はこの7アンダーが、過去10年間の1日の最多アンダー数なんです。さすが王者の貫録ぶりが伺えます。

「タイガーの記録に近い選手はいたのかしら?」

調べてみます。
わかりました。過去にはルイ・ウーストハイゼンが2010年にセントアンドリュースの2日目でパー72のところ65で回り、7アンダーでした。これは、タイガーと並ぶ記録です。

ちなみに、過去10年間で1日の最多アンダー数を記録した選手とそのスコアは、

2013年 フィル・ミケルソン(ミュアフィールド 6アンダー)
2012年 アーニー・エルス(ロイヤルリザム&セントアンズ 3アンダー)
2011年 ダレン・クラーク(ロイヤルジョージ 2アンダー)
2009年 シュチュワート・シンク(ターンベリーエイルザ 4アンダー)
2008年 パドレイグ・ハリントン(ロイヤルバークデール 2アンダー)
2007年 パドレイグ・ハリントン(カーヌスティ 4アンダー)
2005年 タイガー・ウッズ(セントアンドリュース 6アンダー)
2004年 トッド・ハミルトン(ロイヤルトゥルーン 4アンダー)

という記録で、平均して約4.4アンダーです。

「そう考えると、いかに7アンダーという数字がすごいかがわかるわね」

もちろん、コースの難易度の違いや全英OPの気まぐれな天候によっても左右されるとは思いますが、ロイヤルリバプールGCはリンクス特有の海風と約100個のバンカーがあり、特に難易度の高いコースといわれています。

「そんな過酷な環境の中でタイガーは快挙を成し遂げたというわけね。どうやら今年の全英OPは見ごたえのある展開になりそうね」

どんなドラマが待っているのか? とても楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー