数字の部屋

2014.04.15

男子プロ、同一トーナメント最多優勝数は?

男子プロ、同一トーナメント最多優勝数は?

悔しい。先日のラウンド。最後のホールをパーで上がれば念願の100切りだったのに。入れ頃外し頃のあのパーパット。上手く打てたつもりがカップの縁でぴたりと止まった。ゴルフの女神はやっぱり非情だ。

「と言いつつも、まんざら悪い気分ではなさそうね。頬の筋肉が緩んでる」

へへへ、分かります? 実は僕としてはかなり好調だったんです。プレーしたのは毎度お馴染みの河川敷コース。暖かくなったから体は動くしボールも飛ぶ。心身ともに気持ちよくプレーできました。

「やっぱり春はいいわね。気分がとても新鮮になる。いよいよ今週は国内の男子ツアーがいよいよ開幕ね。昨シーズンは松山英樹くんの大活躍が話題になったけれど、開幕戦の東建ホームメイトカップでは43歳(当時)のベテラン、塚田好宣がツアー初優勝。また最終戦のゴルフ日本シリーズでは宮里優作がプロ11年目で涙の初V。今年はどんなシーズンになるのかしら?」

僕が応援したいのは藤田寛之選手です。昨年は賞金ランク25位とやや元気がありませんでしたが、2012年は賞金王。とりわけ最終戦のゴルフ日本シリーズで優勝争いを演じた姿が印象的でした。

「昨年は8位に終わったけれど、日本シリーズは10年から12年まで大会初となる3連覇。この時は、屈指のショットメーカーである藤田のゴルフが開催コースの東京よみうりCCにぴたりとハマった。そんな感じがしたわね」

選手にとってはコースとの相性や大会の雰囲気も重要な要素と言えそうです。

「それでは質問。同一トーナメントの最多勝利数って何勝?」

というわけで国内男子ツアーの数字を調べてみました。結果はジャンボ尾崎選手がウッドワンオープン広島で記録した9勝が日本記録です。この大会は72年に広島オープンとして始まったトーナメントで、その後はヨネックスオープン広島、住建産業オープン広島、ウッドワンオープン広島と大会名を変えて07年まで合計36回開催されました。ジャンボさんはこのトーナメントで76、78、84、89、90、94、95、98、99年に勝利。大会の勝率は何と2割5分です。

「ウッドワン広島は主に広島CC八本松コースを舞台として行われた大会。広島CC八本松は、フラットで広いけれど距離のある林間コースとして知られているわ。屈指のパワーヒッターであるジャンボさんにはお誂え向きのコースだったのかも」

いわば僕にとっての河川敷コースという感じでしょうか?

「次元がかなり違うと思うけど」

……。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー