数字の部屋

2014.02.19

石川遼、今季のPGAツアー出場優先順位は?

石川遼、今季のPGAツアー出場優先順位は?

今季好調だった石川遼選手、1月のファーマーズ・インシュランスオープンでは7位に入り、早くも来季のシードをほぼ確実にしたけど、翌週のフェニックスオープンからは2試合連続で予選落ち。少し疲れが出てきたのかな?

「そのフェニックスオープンでは、遼くんの出場が決まったのは大会前日だったわね」

もともと、フェニックスオープンは出場枠が少なめで、石川選手はウェイティングリストの1番目でしたが、大会前日にダドリー・ハート選手の欠場が決まり、会場で待機していた石川選手まで出場枠が下りてきました。

「出場が決定するまではさぞかし落ち着かなかったことでしょうね。それにしても出場選手の優先順位って、どうやって決められているのかしら?」

PGAツアーではいろいろなカテゴリーでツアー出場優先権が決められています。出場資格には、メジャー優勝者やフェデックスポイント125位以内など、36ものカテゴリーがあって、316人のプレーヤーがリストに名を連ねています。優先順位1位は「1970年以前と過去5年間&その年の全米オープン・全米プロチャンピオン」で、23人の選手が該当します。ジャック・ニクラスやアーノルド・パーマー、ゲーリー・プレーヤーなどといった往年の名選手もこのカテゴリーにいますね。ちなみに、フェデックスカップポイント125位以内はカテゴリー18番目で、賞金ランキング125位以内の選手は優先順位19番目です。

「ところで遼くんのツアー出場優先順位って何位なのかしら?」

石川選手は、36カテゴリー中25番目の「ウェブドットコムツアー賞金ランク25位以内、またはウェブドットコムツアーファイナルズ(入れ替え戦4試合)で賞金ランク25位以内」というカテゴリーにいます。昨年11月に行われたマヤコバクラシック終了時点での成績で、このカテゴリー内の順位がリシャッフルされて、現在はカテゴリー内1位、全体での出場優先順位は190番目です。ちなみにこのリシャッフルは年に4回行われます。

「フェニックスオープンでは、松山くんはウェイティングにならずに出場が決まっていたけど、優先順位は何位なの?」

松山英樹選手は、20番目のカテゴリーである「フェデックスポイント、または獲得賞金がランキング125位以内に相当したノンメンバー」に該当し、出場優先順位は石川遼選手より上の162番目です。

「一口にシード権と言っても、様々なカテゴリーがあるのね。ちなみにツアーで優勝すると優先順位は上がるの?」

もちろんです。「過去2シーズンと当該シーズンの優勝者」は9番目のカテゴリーですから、一気に優先順位がアップし、ほぼ全試合に出場することができます。石川選手と松山選手、どちらもPGAツアーでの勝利に近づいていますから、今後も毎試合、目が離せませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー