数字の部屋

2013.12.04

ゴルフ日本シリーズ最多優勝回数は?

ゴルフ日本シリーズ最多優勝回数は?

国内ツアーはいよいよ男子のゴルフ日本シリーズを残すだけとなりました。毎回ドラマが生まれるメジャー戦。今年はどんな試合展開になるのでしょうか?

「昨年は藤田寛之が4日間安定したゴルフで完全優勝。大会史上初となる3連覇を達成すると同時に、2012年の賞金王にも輝いたわ。優勝インタビューでの“今年は私が最強のゴルファーということでよいでしょうか?”という43歳(当時)の賞金王のセリフは、大仕事をやり遂げた者の言葉として印象的だったわね」

そのセリフは僕たちのゴルフ仲間の間でもしばらく流行りました。ふだんは控えめな藤田選手が放った言葉として、かなりインパクトがありましたから。

「今年も選手から名言が飛び出すような名勝負を期待したいわね」

日本シリーズは今回が第50回大会。今年のツアー優勝者や賞金ランキング上位者、ディフェンディングチャンピオンら、30名のプレーヤーで日本一が争われます。勝てば賞金4000万円と5年間シードが得られるだけに選手も相当気合が入りますね。

「選手にとっては大一番。そんな日本シリーズで、これまで最も多く優勝している選手は誰だか知ってる?」

調べてみます。
分かりました。過去の日本シリーズで最も多く勝利しているのはジャンボさん。71、72、74、77、80、95、96年と7回優勝しています。それに次ぐのが青木功の4回(78、79、83、87年)。さらには杉原輝雄(65、70、73年)、尾崎直道(88、90、91年)、藤田寛之(10~12年)の3回と続きます。さすがは国内メジャーです。名選手の名前が並びます。

「この中で現在レギュラーツアーをメインに戦っているのは藤田だけ。ぜひともV記録を伸ばして欲しいわね」

今年勝てば4連覇で連勝記録を更新です。今季はここまで未勝利で賞金ランクも29位(約3563万円)とやや元気がないだけに、最後にいいところを見せて欲しいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー