数字の部屋

2013.10.23

女子の最年長初優勝記録は?

女子の最年長初優勝記録は?

国内女子ツアーが面白い。賞金女王争いは首位の森田理香子を佐伯三貴や横峯さくららの実力派が追う展開。また日本女子プロ、日本オープンのメジャーも緊張感を味わえました。

「序盤戦は森田理香子が大活躍。それを追うように、若手や実力派、ベテランが次々と勝利。役者が次々変わるのでとても賑やかね」

同感です。例えば、今季ツアー初優勝を果たした選手はここまでで7人。3月のTポイントレディスで勝利した一ノ瀬優希はプロ7年目。一方、アクサレディス、アース・モンダミンカップで優勝した堀奈津桂はプロ3年目の20歳。またヤマハレディースとリゾートトラストレディスを制した比嘉真美子はプロ2年目の19歳。今年もフレッシュな顔ぶれがツアーを盛り上げています。

「女子ツアーは今季も若手が絶好調。日本女子オープンまでの28試合の優勝者の平均年齢は25.8歳で、最年少は比嘉真美子の19歳です」

一方、30歳以上の優勝者は全美貞(30歳)、茂木宏美(36歳)、表純子(39歳)、ヤング・キム(33歳)の4人。有望な若手の登場は望ましいことですが、中堅やベテラン選手がもっと活躍してもいいと思うのですが……。

「結婚に子育て。女性にはいろいろな事情があるものね。女子プロの中には“30歳引退”を公言する選手もいるくらいよ」

でも2010年のニトリレディスで当時40歳だった鬼澤信子がツアー初優勝した時は感激しました。女子ツアーにももう少しベテランが活躍するシーンがあってもいいと思います。世代別の対決も楽しいですから。それにしても鬼澤選手のこの記録って、国内女子ツアー初優勝の最年長記録なのでしょうか? 調べてみます。

分かりました。女子ツアーにはこれを上回る記録があります。最年長初優勝は1991年の週刊女性・JUNON女子オープンで原田佳子が記録した44歳90日。それに次ぐのは94年の中京テレビ・ブリヂストンレディスで山岡明美が記録した43歳11カ月で、鬼澤選手の記録は歴代第3位です。

「44歳90日の最年長初V記録。若手が台頭する今の状況を考えると、この記録が破られることは当分ないかもしれないわ」

達成されてすでに22年。更新される日は来るのでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー