数字の部屋

2013.01.24

最も多く“優勝”したボールの勝利数は?

droom130124

 ゴルフの前夜はウキウキ気分。小学校の遠足を思い出します。でも翌日の用意をしていて、ちょっと気になるのがゴルフボールの数。“これで足りるだろうか”。そんな不安にかられたことはありませんか?

「あるコンペで出会ったビギナーさんは、キャディバッグがパンパンに膨れ上がっていたわ。何が入っているのかと尋ねたら、ボールが30個だって。ちょっとやり過ぎのような気もしたけれどね」

僕も、池の多いコースならかなり持っていきますよ。用意するのはもっぱら、ネットショップで販売しているロストボールです。ボールの銘柄はばらばらですが、コンディションはまずまず。50個入りで2000円はお買い得ですからね。

「上達を目指すなら、ボールにこだわった方がいいと思うわ。私がゴルフを始めたばかりの頃、レッスンプロから『ボールは同じモデルを使うのがいい』とアドバイスされたの。初心者レベルでは飛距離やスピン性能の違いなんてわからないけれど、パターで打つと感触の違いはわかる。パットの距離感を身につけるためにも、というアドバイスよ」

とはいっても、ボールは種類が多すぎて、自分にどれが合っているのかが分からないんですよ。

「それならいっそ、プロの世界で一番活躍しているボールにしたら? さぁ、2012年シーズンに最も多く勝利したボールを調べてみなさい」

わかりました! 今回は日米男女ツアーの優勝者のボールを集計しました。それによると第1位は藤田寛之選手も使うタイトリストの『プロV1』で昨シーズンは65勝。ちなみに2位のボールが16勝ですから、これはダントツの1位、すごいですね!

「プロV1は2000年から販売されて、現行モデルで6代目。もともと国内外のプロから評価が高いボールで、糸巻きからウレタンカバーへと主流が変わるきっかけになったモデルともいわれているわ。昨年はローリー・マクロイ、バッバ・ワトソン、ウェブ・シンプソンと、このボールが4大メジャーのうち3勝を挙げているのよね」

今春には新モデルが登場するというので、注目ですね。

「ところで、2位のボールは何だったの?」

そうでした。第2位は宮里藍や有村智恵、池田勇太らが使用するブリヂストン・ツアーステージ『X-01』の16勝。また3位は石川遼をはじめ、飛ばし屋の森田理香子も使用するダンロップ・スリクソン『Z-STAR XV』の14勝という結果です。

「さて、新人くんはどのボールを使うことにするのかな?」

う~ん、どれも新品だといい値段ですからね……ロストボールを使い慣れた身としては、いいボールだから失くしたくないという意識が働いて、緊張しちゃうかも。

「コラッ、気持ちで負けちゃダメじゃない。これから私と回るときは、ロストボールを使うのは許しませんからねっ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー