数字の部屋

2012.12.27

日本人選手が獲得した米ツアー賞金の男女比は?

droom121227

 野球でいうとダルビッシュ、サッカーでは香川真司。今年は日本人選手の海外進出が目立ちましたね。自国の選手が海外の強豪を相手に活躍するのは、やっぱり気持ちのいいものです!

「言葉や習慣が異なる異国に、戦いの場を求めようとするアスリートって本当に素敵ね。厳しい環境に自分を置くことで、さらなる高みを目指す。やっぱりプロスポーツ選手はこうでなくっちゃ」

ゴルフ界で印象的だったのは、やっぱり宮里藍と宮里美香の“ダブル宮里”です。特に宮里美香は8月のセーフウェイクラシックで米女子ツアー初優勝。来シーズンはさらなる活躍が期待されます。

「来季は有村智恵と上原彩子が米ツアーに本格参戦。今年、日本ツアーでシードを獲得できなかった上田桃子も2013年シーズンは米ツアーに専念するというから楽しみね」

その一方で少し残念なのが男子です。ここ数年、海外ツアーにフル参戦している選手といえば今田竜二ぐらいで、内向きのプレーヤーが多く、外に飛び出す勢いが感じられません。

「そうね。男女の勢いの違いについては、紅白歌合戦の『紅組・白組』じゃないけれど、今季日本人選手が米ツアーで獲得した賞金総額の男女比を調べてみると面白いかもしれないわ」

なるほど、調べてみます。……分かりました! 男子は石川遼や今田竜二ら合計8人の選手が出場し、その賞金総額は106万5393ドル(8981万2629円)です。一方女子は合計14人が出場して277万931ドル(2億3358万9483円)を稼ぎましたから、紅組の勝利ということになりますね。

「男子ツアーの方が賞金は高いにもかかわらず、女子の方が1億4000万円以上も多く稼いでいる。男子には、もっと頑張れといいたいわ。最近の男子プロは草食系、女子は肉食系。そんなことがいえるのかも」

来季は石川遼が米ツアーに本格参戦します。去年は彼だけで70万ドル近くを米ツアーで稼ぎましたから、きっと来年はもっと多くの賞金を獲得してくれますよ!

遼くんが活躍してくれれば、日本ゴルフ界にとってよい刺激になるものね。期待しましょう!

※米ツアー賞金はWGCを除いております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー