数字の部屋

2012.12.13

今季、最多イーグル奪取数は?

droom121213

 僕たちが憧れるパワーゴルフ。今年は国内女子ツアーでもパワフルなプレーで注目されたプレーヤーがいます。森田理香子。今シーズン、彼女が奪ったイーグルは11個(ラウンド数は100.5R)。魅せてくれました!

「記録が残る1990年以降で、これまでの年間最多イーグルは96年に福嶋晃子がマークした9個だったわ。森田はその記録を16年ぶりに更新したことになるわね」

森田は女子ツアーを代表する飛ばし屋で、今年5月のサロンパスカップで行われた飛距離計測では平均265.67ヤードで第1位。しかも、普段はもっと飛ばしているそうですよ。

「その飛距離に今年は正確さが加わったということね。それについては本人も手応えを感じているようだわ。イーグルの記録は、彼女の成長を示すバロメーターといえそうね」

イーグルといえば、今年は6月のアース・モンダミンカップで、服部真夕が最終日最終ホールでイーグルパットを沈めて逆転優勝。また男子では10月のブリヂストンオープンで谷口徹が最終18番(パー5)の3打目をカップインさせて逆転Vしたのが印象的でした。選手はもちろん、ファンにとっても最高のパフォーマンスですよね。

「じゃあ、ここで質問です。今年、世界で最も多くイーグルを奪った選手って誰? その数は?」

そうくると思って、調べておきましたよ。今年のイーグル奪取No.1は、米男子ツアーで18個(98R)をマークしたチャールズ・ハウエルⅢです。なんと、5.44ラウンドに1回という高確率でイーグルを奪ってきました。

「おおっ、珍しく用意がいいじゃない。そのハウエルⅢだけれど、米ツアー2勝の33歳、平均飛距離は294.6ヤードね。2011年のイーグル数は9個(108R)だから、今年はその2倍ということになるわ。2007年以降ツアー優勝から遠ざかっているけれど、来シーズンは期待できるかもしれないわね」

ちなみに日本男子ツアーではキム・ドフンの16個(89R)。また米女子ツアーではステイシー・ルイスの12個(93R)が第1位です。キム・ドフンの16個というのも、ここ5年では最高の数字なので立派なものです。

「イーグルはトーナメントの華だものね。選手たちには来年も派手なパフォーマンスで、ツアーを盛り上げて欲しいものだわ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー