数字の部屋

2012.10.18

全国のゴルフ場の総面積は?

droom121018

 先日ゴルフに行きました。足を運んだのは千葉県のゴルフ場。高速道路を降りて最初の交差点で目にするのはゴルフ場の看板、それも10以上のコース名がずらりと並びます。

「着陸態勢に入った飛行機の窓から見る成田空港周辺の景色も驚きよ。本当にゴルフ場だらけ。池やバンカー、グリーンがあって、芥子粒のようなゴルファーがプレーをしている。成田周辺がゴルフ場銀座だということがよく分かるわ」

現在、日本には約2400のゴルフコースがあります。都道府県別で見ると一番多いのは北海道で、それに続くのが兵庫県や千葉県。関東には千葉県以外にも、栃木、茨城、群馬、埼玉といったゴルフ場密集エリアがあります。ゴルフ大好き人間にとってコースがたくさんあるのはうれしいことですが……。

「以前、ゴルフ場の人口密度を調べたことがあったけれど、ゴルファーにとってコース数が多いのはいいことね。選択肢が多いわけだから。それに最近はゴルフ場が環境保全に大きな役割を果たす貴重な緑地であるという考えも根付きつつある。ゴルフ場の緑がCO2削減に役立つってわけね」

地球温暖化が叫ばれていますからね。ゴルフ場が地球を救うとは素晴らしいことです。それにしても日本のゴルフ場の総面積って、どれくらいなのでしょうか? 調べてみます。
わかりました! 日本ゴルフ場事業協会の数字によると、日本のゴルフ場の総面積は約27万ヘクタール。東京ドーム5万7447個分に相当するのだそうです。

「27万ヘクタールは2700平方km。都道府県の面積では、一番狭い香川県で1876平方km、近いところでは佐賀県が約2439平方kmで神奈川県が約2415平方kmだから、ゴルフ場の総面積はそれよりも広いことになるわね」

日本の総面積は約37万7923平方kmですから、その0.7%をゴルフ場が占めているわけです。

「ゴルフを楽しむ空間が環境保全に役立てば、まさに一石二鳥。木や芝生は大切にね」

はい。ボールを曲げて木に当てたり、ダフって芝生を掘り起こしたりしないよう気をつけまっす!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー