数字の部屋

2012.10.11

エージシュートの、年齢との最大差数は?

droom121011

 新しいドライバーが欲しくてメーカーのHPをのぞいてみた。どのモデルも機能が詳しく説明されているけど、それをひと言でいうと、“飛んで曲がらない”ということ。それにしても種類が沢山あるな。

「クラブの新作が次々と発表される季節。ゴルファーには道具探しも楽しみのひとつね。でも、クラブといえば、その進化で最も恩恵を受けたのは年配の上級者よ。クラブの飛距離性能がパワーの不足をカバーするし、多少のミスでもワイドなスイートエリアが飛距離ダウンを最小限に抑えてくれる。クラブの進化がゴルフ寿命を長くしたといっても過言ではないわ」

だから年配ゴルファーは元気なのでしょうね。腕に覚えのあるベテランには、エージシュートに挑戦する人もいます。有名なのは、956回達成し、いまも自己記録を更新中の植杉乾蔵さんでしょうか。

「ほかにも、世界にはエージシュートにまつわるゴルファーがたくさんいるわ。以前、最年長記録を調べたことがあったわね。驚くような年齢だったけれど、まさにゴルフへの情熱がなせるわざよね」

最近はエージシューターのための競技もあって盛り上がっているようです。その大会で面白いのは『当日のスコア-年齢』で順位を決めるところ。これなら年齢にかかわらず、誰もが楽しめます。

「確かに面白いわね。ところで新人くん、エージシュートの世界記録、つまりスコア-年齢の最大差ってどれ位か知ってる?」

調べてみます。
分かりました。2001年4月、米国テネシー州のバレイブルックG&CCで、ジェームス・D・モートンという当時89歳のゴルファーが72をマーク。また2007年11月、ニュージーランド・オークランドのマウンガキエキエGCでキース・プロウマンというゴルファーが72でラウンド。この人も当時89歳でした。というわけでエージシュートの世界記録は-17です。

「エージシュート達成でもすごいのに-17とは、まさに超人ね」

“弘法筆を選ばず”といいますが、そういう人たちはどんなクラブを使っても、いいスコアで回るんでしょうね。

「それはいえる。でも世界記録の二人は弘法大師をご存じないかも。英語でいうなら、“a good workman does not blame his tool”ねっ」

先輩、なんだか格好いいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー