数字の部屋

2012.08.30

全国ゴルフ場の平均距離(ヤーデージ)は?

droom120830

 先日のゴルフは久々にバックティを使用。たまにはいつもと違う条件でプレーをするのもいいものです。レギュラーティでのプレーでは味わえない緊張感がありました。もちろんスコアは秘密ですが……。

「緊張感、わかるわよ。通常レギュラーティは6000~6300ヤード程度。それに対してバックティは6500ヤード以上の場合がほとんどで、中には7000ヤードを超えるコースもあるものね」

そうなんですよ。バックティとレギュラーティじゃ、ティグラウンドから見えるホールの景色が全く違うし、例えばパー4のセカンドショットで、使うクラブが4~5番手違ったりしたんです。

「でも、それだけ勉強になることが多いはず。もちろん、ゴルフ場はフルバックを基準に設計されているから、バックティでイーブンパー以下のスコアを出して初めてそのコースを制したことになるのよ」

レギュラーティのゴルフで毎回苦戦している僕にしてみれば、バックティでパープレーなんて夢のような話。でもいつかはバックティで胸を張ってプレーできるゴルファーになりたいものです。それにしても日本のゴルフ場の平均ヤーデージって、どれくらいなんでしょうか? 調べてみます。
分かりました。ゴルフ場ガイドよると、東日本のコースは平均6722ヤード、西日本は6682ヤードで全国平均は6703ヤードでした。

「こういう数字を見ると、米男子ツアーがいかにタフなコースで開催されているかが分かるわね。ヤーデージでいえば、ほとんどの試合が7000ヤード超のセッティングで行われているわけだから。例えば今年の4大メジャーは、マスターズが7435ヤードで全米オープンが7170ヤード。そして全英オープンは7086ヤードで全米プロは7676ヤード。4大会の平均ヤーデージは約7342ヤードだったわ。しかも、全米オープン、全英オープンはパー70なんだから、いかにもハードだわ」

単純比較で、日本のゴルフ場とは1ホールあたり35.5ヤードも長いことになりますね。距離が長くなると、どれだけ難易度が上がるかは、身をもって感じました。とにかくグリーンが遠く感じるんですよね。だから余計な力が入ってミスが増える。

「しかもメジャーでは、深いラフと高速グリーンが待ち受けているわ。そんなコースをアンダーパーでプレーするとは……。やはり彼らのパワーと技術には脱帽ね」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー