数字の部屋

2012.08.23

B・ホーガン、S・スニード、B・ネルソン。3人合わせてメジャー何勝?

droom120823

ロンドンオリンピックに全米プロゴルフ選手権。スポーツのビッグイベントも終わって、秋を待つばかり。祭りの後の寂しさか……。

「余韻に浸るのはまだ早いわよ。ゴルフトーナメントはこれからが面白いんじゃない。賞金王争いに向けて上位の選手がデッドヒートを繰り広げるのだから、どんな展開になるか楽しみだわ」

今年の米男子ツアーは面白いですね。注目はやっぱりタイガー・ウッズ。3月のアーノルド・パーマー招待で復活優勝して、今季はここまで3勝。賞金ランクも1位です。ただ、改めて感じるのが米ツアーの選手層の厚さ。タイガーが精彩を欠いていた時期は、若手が次々台頭してツアーを盛り上げましたからね!

「とはいえ、ツアーの発展にタイガーのようなスーパースターの存在は不可欠よ。周りの選手もスター選手を目標に頑張るから、選手層が厚いのはそれも要因だと思うわ」

そういえば米ツアーにはいつの時代にもスタープレーヤーがいます。少し前の時代なら、ジャック・ニクラスやアーノルド・パーマー。さらに遡れば、1930年~1950年代に活躍したベン・ホーガン、サム・スニード、バイロン・ネルソンといった名手もいました。

「実はその3人は、ともに1912年生まれで今年が生誕100年。B・ホーガンは今月、8月13日が誕生日だったのよ」

えっ、そうなんですか! 1912年はタイタニック号の事故があり、日本では元号が明治から大正に替わった年。歴史を感じます。

「第2次大戦を挟んで大活躍した3人は、いわば米ツアー人気の基を築いた功労者。ツアー優勝はスニード82回、ホーガン64回、ネルソン52回で合わせて198勝。新人くんは、彼ら3人が合わせてメジャー何勝か知ってる?」

調べてみます。……分かりました。ホーガン9勝、スニード7勝、そしてネルソン5勝で合計21勝。こうして数字を見ると、偉大なプレーヤーが3人も生まれた1912年はゴルフの歴史の中で特別な年に思えます!

「メジャー勝利数はニクラスやタイガーの方が多いけど、時代の違いを考えると、彼らの業績はやはり偉大なのよね。生誕100年は、その功績を振り返る良いきっかけになりそうね」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー