数字の部屋

2012.08.02

ゴルフ場のジュニア料金の平均は?

droom120802

 自分のプレーに一喜一憂。でもゴルフはそれだけが魅力じゃない。プレーを通していろんな人と知り合えるのもこのスポーツのよさ。先日もコンペで一緒にプレーした人とメルアドを交換して『近々、また一緒にゴルフしましょう』ということになった。

「ゴルフはその人の性格や人柄が如実に表れるスポーツ。見方を変えると、周囲にどれくらい気を配れるかが試されるってわけ。その点、新人くんは合格ね。一緒にラウンドした人が、『またプレーしましょう』と言ってくれるのは、何よりの証拠よ」

へへへ。そう言われると照れますね。でも正直言うと、ゴルフってこんなに楽しいものだとは思いませんでした。もっと早く始めればよかったと後悔しています。でもその機会がなかなかなくて……。

「それは言えるかも。私は父親の勧めで中学生の時にゴルフを始めたけど、ゴルフをする子供はとても少なかった。ジュニアのための環境も今ほど整備されていなかったしね。その点、今の子供は恵まれているわね」

きっかけは石川遼選手の15歳でのプロツアー優勝。あれでジュニアゴルファー育成の動きが加速しましたよね。

「最近はジュニア料金を設定しているゴルフ場が増えて、プレーを楽しむ親子をよく見かけるようになったわ。とくに今は夏休み、親子でゴルフをするにはちょうど良い時期だものね。いい思い出になりそう!」

そういえば、ジュニア料金の多くはお手頃価格なのだそうです。それにしてもお手頃価格って、どれくらいなのでしょうか?
分かりました。今回は2011年発行版の『ゴルフ場ガイド』でジュニア料金が明記されている754コース(東日本427コース、西日本327コース)のデータを調べてみました。それによるとジュニア料金の全国平均は3,475円。東西で見ると、東日本は3,269円で西日本が3,744円です。

「平日の一般ビジター料金の約半分といったところね。それで芝生の上で一日を楽しめるのなら確かにお手頃。夏休みシーズンだからこそ、これを利用しない手はないわね」

ちなみに料金500円や無料というゴルフ場までもありましたが、ジュニア料金については、保護者同伴・年齢・証明書の提出などさまざまな条件がありますから、事前に各ゴルフ場に確認するのがベターです。

「オリンピック観戦もいいけれど、ぜひ、この夏は親子でゴルフを!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー