数字の部屋

2012.05.31

世界最速のドライバーショットは?

droom120531

 へっ、へっ、へっ。買っちゃいました、新しいドライバー。飛ぶと評判の人気モデル。早速練習場に持ち込んで試したところ結果は上々。次のラウンドが楽しみです。

いくら他人からもらったクラブでも、何年か使うと愛着がわくものです。何しろコースデビューのファーストショットを飾ったクラブですから。それにしてもショップに行って驚きました。お店の試打室にはコンピュータ測定器があって、1球ごとにヘッドスピードやスピン量、弾道、球筋、飛距離が分かるのです。それによると僕のヘッドスピードは43m/s。購入したドライバーの平均飛距離は223ヤードでした。

「やっぱりゴルフは、腕じゃなくて道具ね」

初めてドライバーを買って、僕もそう感じました。で、今回の測定でちょっと興味を持ったのがボール初速という数値です。ヘッドに弾かれた直後のボールの速さのことですが僕の場合は58m/s前後。時速に換算すると約210㎞です。男子テニスのトッププレーヤーが放つサーブが時速200㎞強ですから、それとほぼ同じ速さということになります。

「それじゃあ、世界最速のボールスピードってどれくらいかしらね?」

面白そうですね。調べてみます。

分かりました。ボールスピードの世界最速記録の持ち主はカナダのジェイソン・ズーバックです。過去に5回も世界ドラコンチャンピオンに輝いている選手で、ヘッドスピードは70m/s。かつては468ヤードを飛ばした記録もあるそうです。その彼が2007年に記録したボールスピードが328.3㎞/h(≒91.2m/s)。新幹線の営業運転での最高速度が300㎞/hですからそれより速いことになる。これはギネスブック認定記録です!

「ズーバックといえば、ロフト5.5度の長尺ドライバーを使う筋肉マンよ。身長は175cmというから、それほど大柄でもないのよね。スウィングは動画で見たことがあるけれど、とにかくパワフル。スコアを競うゴルフもいいけれど、パワーを競うゴルフも面白いわね」

なんと、パターで250ヤード飛ばしたという伝説もあるらしいです。って、僕のドライバーより飛んでるじゃないですか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー