数字の部屋

2012.04.05

マスターズ優勝者の平均年齢は?

droom120405

 待望の復活です。タイガー・ウッズがついにやりました。先日のアーノルド・パーマー招待で約2年半振りのツアー優勝。これで米ツアーは俄然面白くなります!

「しかもマスターズ直前の勝利。このタイミングで復活するとは、さすがタイガーね。今季メジャー第1戦は手に汗握る展開になるわよ」

最大の見どころは、何と言ってもローリー・マクロイやマーティン・カイマーをはじめとする世界ランク上位にいる若手とタイガーの対決。特にマクロイは去年の大会で惜しくも勝利を逃しているだけに、今年はかなり気合を入れてくるはずです。タイガーとマクロイが最終日最終組なんてことになると、視聴率はグンとアップするでしょうね。

「もちろん石川遼くんも忘れてはならない。残念ながら世界ランク50位以内での自力出場はならなかったけど、せっかく手にしたチャンス。“20歳でマスターズ優勝”の夢に向かって、遼くんらしいプレーを見せてほしいわ」

アマチュアの松山英樹選手も楽しみです。何しろ昨年のマスターズでは日本人初のローアマチュアですから。

「遼くんと松山選手はともに20歳。もし優勝すれば、タイガーが97年にマークした21歳3カ月のマスターズ最年少記録を更新することになるのよ」

心・技・体のバランスが求められるメジャー。これに勝つにはかなりの経験が必要です。それを若干20歳の若者が実現するとすれば、本当にすごいことです。

「ちなみにマスターズの最年長優勝はジャック・ニクラスが86年大会で達成した46歳2カ月。こちらはベテランならではの精神力と技で得た勝利といえそうね」

マスターズ優勝者の平均年齢って何歳なのでしょう? 心・技・体の3つが一番充実している年齢という気がします。調べてみます。 分かりました。マスターズはこれまで75回開催されていて、優勝者の平均年齢は32.2歳。

「世界ランカー上位者でいうと、グレーム・マクダウェルやセルヒオ・ガルシアが32歳ね。タイガーは31歳、優勝者平均に近い年齢だわ」

ちなみに20歳代の優勝者は過去26人で、30歳代は43人。40歳代のチャンピオンは6人です。

「30歳代は、ゴルファーとして最も脂がのった時期という説があるけれど、あながち間違ってはいないようね」

それに挑戦する20代のパワー、40代の技という見方も面白いかもしれませんね。いやぁ、楽しみだ! 今晩は早く寝て、明朝のTV放送に備えることにします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー