数字の部屋

2012.03.08

出身者がツアーで最も稼いだ大学、その賞金総額は?

droom120308

 先週、女子プロツアーが開幕した。東京はまだまだ寒いけれど、春の足音が間もなく聞こえてきそうだ。そろそろゴルフの計画を立てねば。今年は桜が有名なコースで“お花見ゴルフ”も悪くない。

「これからはゴルフに加えて、プロ野球も楽しみね。北海道日本ハムの斎藤佑樹選手や巨人の沢村拓一選手が今シーズンはどんな活躍を見せてくれるのか」

甲子園を沸かせた斎藤選手と佐野日大高校時代は無名だった沢村選手。高校時代は異なる境遇にあった二人ですが、大学では東京六大学、東都大学の各リーグを代表する選手として大活躍。そして今、プロの世界を担う若手のホープとして注目されています。

「斎藤選手の早稲田大学や沢村投手の中央大学といえば、多くのプロ野球選手を輩出している名門。そこで二人は才能に磨きをかけた」

ゴルフでいえば日本大学や日本体育大学、専修大学といったところでしょうか。どの大学からも名選手が卒業していますからね。

「それじゃ、今日のお題。出身者がプロツアーで最も稼いでいるのはどの大学? その賞金総額は?」

その学校のゴルフ名門度が分かりますね。調べてみます!
分かりました。今回は男子ツアー2011年シーズン終了時点の生涯獲得賞金ランキング上位200人のデータをもとにしました。その結果、ダントツの1位は日本大学の139億8678万1779円。2位は日本体育大学の32億4072万3944円で、3位は専修大学の28億6815万1685円。そしていまを時めく松山英樹くんの母校、東北福祉大学はこれに続く第4位で20億9487万8579円でした。

「日大は丸山茂樹や片山晋呉、倉本昌弘らを輩出した超名門。やはり桁違いね。対する日本体育大学は伊澤利光や室田淳など渋い顔ぶれ。専修大学は藤田寛之、横田真一といった業師が目立つわ」

日大出身選手は上位200位に27人が名前を連ねています。まるでツアープロ養成所です。中でもすごいのは片山選手。一人で何と16億7947万9750円も稼いでいます。
それと、今回は高卒の部も調べてみました。1位は徳島県立海南高校の34億6096万3652円。これは大学と高校を合わせても、日大に次いで第2位の数字です。

「ジャンボさんとジェットさんの尾崎兄弟ね。さすがゴルフの黄金時代を築いただけのことはある。大学では東北福祉大は、池田勇太や谷原秀人の母校でもある。今後さらに上位に食い込んできそうね」

学校別賞金ランクはツアー界の勢力図。5~10年後はどうなっているのか? それを想像するのも面白いかも知れませんね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー