数字の部屋

2012.01.05

日本で一番高い会員権は?

droom120105

 年末ジャンボはハズレちゃったけれど、初夢は、ゴルフ場の会員権だ。コースのメンバーになれば、ハンディを取得できるし、クラブ競技にだって参加できる。そんなゴルフライフを目指したい。

「ゴルファーなら誰もが憧れるメンバーライフ。私が小学生の頃は数千万円が当たり前だった会員権だけど、バブルが崩壊して相場は下落した。関東のゴルフ場でいえば、今や相場の平均は130~140万円程度だとか。一般のサラリーマンでも、ちょっと頑張れば会員権を手にできるようになったといわれるわね」

中には会員権が10万円以下のゴルフ場もあるようです。これなら僕だって……。

「でもゴルフ場の会員権を購入する時は、会員権の費用とは別に名義変更料という手数料が必要になる。例えば、会員権が10万円でも名義変更料が数十万というケースもあるから要チェックよ。また、メンバーはプレー代が安いというメリットがあるけれど、最近はビジター料金が下がり、『メンバーであることのメリットを感じなくなった』という声も耳にする。会員権を購入するなら、いろんなことをじっくり吟味すべきね」

“パブリック化”したメンバーコースの話は僕もよく聞きます。でもその一方で、会員権が数千万円するようなゴルフ場があります。
僕らが絶対プレーできないような名門コースがそれです。日本一会員権が高額なゴルフ場ってどこなのでしょう? その会員権相場は? 調べてみよう。
分かりました。東京都小平市にある小金井カントリー倶楽部がそのコースです。会員権相場は4900万円。先輩が教えてくれた名義変更料だけでも1260万円だそうです。

「小金井CCは昭和12年開場の超名門。入会条件はとても厳しく、35歳以上の男性のみで女性は不可。もちろんそれ以外にもいろんな条件がある。ちなみにバブル期の会員権相場は約5億5000万円だったそうよ」

今では相場は10分の1以下ですか! 時代の流れを感じます。それでも超名門であることに変わりはない。どう転んでも僕は会員にはなれませんし、一緒にプレーしてくれるような会員さんと知り合うこともないでしょう。やっぱり僕には縁がなさそうです……。まっ、宝くじでも当たれば別ですけれど!

「さすが新人くん、2012年もこりないわね」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー