数字の部屋

2011.12.08

石川遼と松山英樹のアマチュアでの獲得賞金は?

droom111208

 遼くん一色の最近のツアー界。石川選手の人気は相変わらずだけど、今年は大きな変化があった。その主役は松山英樹選手だ。4月のマスターズでは日本人初となるローアマチュア。そして11月にはツアー制施行後3人目となるアマチュアでのツアーV。さらには12月6日、JGTOの特別賞&記者賞を受賞した。

「三井住友VISA太平洋マスターズの勝利で、2013年までのツアー出場資格を得た松山選手。この資格はアマチュアのままでは行使できないのだけれど、彼はすぐに行使するつもりはないみたいね」

もったいない気がします。彼の実力なら、来季は賞金ランクトップ10入りも夢じゃないはずですよ。

「新人くん、お金じゃないのよ。松山選手は、アジアアマで今年も優勝して来年のマスターズの出場権を獲得しているの。この権利はアマ資格で得たものなので、プロ宣言すると失効してしまう。それに彼は今大学2年生。『プロ宣言は大学を卒業してから』と考えているそうよ」

ゴルファーとして、そして人間として経験を積んだうえでプロデビューを目指しているってことですね。でも……やっぱりもったいない気がします。先日の三井住友VISA太平洋だって、松山選手がプロだったら3000万円を獲得できていたわけだし……。ツアーに何回も出場している松山選手。もしプロだったら、これまでにいくら稼いでいるんだろう? 調べてみよう。
わかった! 09年は218万8500円。10年は、3位タイの日本オープンなど2試合で予選通過して1243万5237円。そして今年は何と3741万4650円。これを合計すると5203万8387円だ。

「今年の松山選手は、賞金ランキングでいうと26位相当ね。シード権は楽々クリア。出場試合はわずか6試合なんだけれど」

対する石川遼選手は、アマチュアとしてツアーに出場したのは2007年の1年のみですが、この年はマンシングウェアオープンKSBカップで優勝するなど8試合に出場して6試合で予選通過。プロだったら2326万4000円を稼いでいる計算です。

「こちらは当時の賞金ランクで41位相当。中堅のツアープロが1年間戦ってマークするような数字を10代のアマチュアがわずか数試合で達成するんだから、すごいわね」

松山選手のプロ転向はまだ先のことになりそうですが、それでも来年はツアーでどんなゴルフを見せてくれるか大いに楽しみです。

「遼くんと松山選手は同学年。遼くんに強力なライバルが現れたことで、トーナメントが俄然面白くなりそうね」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー