数字の部屋

2011.11.17

最終日に最も強い選手はいくつで回る?

droom111117

 先日の男子ツアー・マイナビABC選手権。とても見応えがありました。河野晃一郎選手が最終18番でイーグルを奪って、ベ・サンムン選手とのプレーオフに突入。6ホール目でバーディを決めた河野選手が見事ツアー初優勝を飾りました。

「6ホールのプレーオフは1993年のJCB仙台以来18年ぶり。河野、ベの両選手にはお疲れ様といいたいわ。この日の河野選手のイーグルも素晴らしいけれど、ベ選手のプレーにも拍手を送りたい。何しろ13位でのスタートながら10バーディ・2ボギーの64をマークして首位に駆け上がったのだから」

さすがは今年の日本オープンのチャンピオン。そして賞金ランク1位を独走する実力者です。トッププロはやはり最終日に周りをあっと言わせるような爆発力を秘めていることが条件ですね。

「そう、去年の中日クラウンズ最終日に石川遼くんが58をマークしたのがいい例ね」

最終日に最も強い選手って、やっぱり石川選手なのかな? それとも他の選手? 平均スコアってどれくらい? 調べてみよう。
分かった! 今シーズンのマイナビABC選手権終了時点でのデータでいえば、今野康晴選手が69.4で第4ラウンド平均ストローク部門のトップ。この部門では、石川遼(70.07)、近藤共弘(69.41)、ベ・サンムン(69.92)など、今季活躍している選手たちの名前が並びます。

「遼くんは賞金王だった09年が69.55(4位)。そして賞金ランク3位の去年は68.82でこの部門トップだった。ところが今年は70.07とやや元気がない。今季未勝利なのもこのあたりに原因があるのかも」

石川選手の昨年の68.82は第4ラウンド平均スコアの記録が残る04年以降では、07年の田中秀道選手の68.00(第4ラウンドプレーは1回)を除くと最高の記録です。

「遼くんの魅力はやっぱり爆発力。今シーズンも残り試合はわずかだけど、超アグレッシブなゴルフをもう一度思い出して、ツア―を盛り上げてほしいものだわ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー