数字の部屋

2011.10.06

最高齢のホールインワンは?

droom111006

 ゴルファーなら誰もが一度は達成したいと考えるホールインワン。ボールがカップに吸い込まれる瞬間って、きっと最高の気分なんだろうなぁ。

「プロツアーでは去年、上井邦浩選手がVanaH杯KBCオーガスタの第1ラウンドと第3ラウンドにいずれも8番ホールでホールインワンを達成。また今年は7月のスタンレーレディス初日に有村智恵ちゃんが8番ホールでアルバトロスを達成した後、16番でホールインワンをマークして会場を沸かせたのは記憶に新しいわね」

あれには驚きました。そういえば先輩、以前ツアープロのホールインワンの確率っていうのを調べたことがありましたね。確か男子は約2300分の1で、女子は約6000分の1でした。それに対して一般アマチュアがホールインワンを達成する確率は、一説によると1万6000分の1。プロとアマチュアではその確率はまさに桁違いだと感じたものです。

「だけどホールインワンはどのゴルファーにも達成の可能性があるスーパープレー。過去には5歳の子供がホールインワンを達成したという記録もある」

それじゃ、超ベテランにもチャンスはありますね。ホールンワンの最年長記録を調べてみよう。
分かりました。この記録をマークしたのはエルシー・マクリーンという女性で当時の年齢は102歳。時は2007年の4月5日。米国・カリフォルニア州にあるビドウェルパークGCの4番ホール(100ヤード)。ドライバーで打ったティショットがカップに吸い込まれました。20代でゴルフを始めたマクリーンさんですが、ホールインワンはこれが初めてだったそうです。

「最年長エージシュートは男性だけれど、最年長のホールインワンが女性ゴルファーだったというのはうれしいわ。それにしても、ホールインワンにエージシュート。何歳になってもゴルフは楽しみが尽きないわね」

僕も“いつか”を信じて、これからもゴルフを楽しんでいきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー