数字の部屋

2011.09.08

女子ツアーの同一大会最多出場回数は?

droom110908

 暑さもピークを過ぎて、これからは日ごとに涼しくなりそうだ。今年の秋は時間を見つけて、思い切りゴルフを楽しむぞ!

「国内ツアーもこれからはビッグトーナメントが目白押し。賞金王・賞金女王争いもし烈になりそうね」

そういえば今週は、日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯が開催されます。昨年は藤田幸希選手が最終日に3バーディ・ノーボギーでメジャー初優勝。粘り強いゴルフが印象的でした。

「プロ日本一を決定する試合だけに、今年も熱い戦いになりそうね。4日間・72ホールの長丁場でどんなドラマが繰り広げられるのか。とても楽しみだわ」

日本女子プロゴルフ選手権は日本女子オープンと同じく1968年に始まった伝統ある大会で、樋口久子さんや岡本綾子プロ、不動裕理選手、宮里藍選手など、名プレーヤーが勝者として名を連ねています。

「その日本女子プロも今年で44回目を迎える。ところで新人くん、この大会ではかつて女子ツアーの大記録が達成されたのを知ってる?」

も、もちろん!(あれっ? なんだったっけ……)

「その様子だと、わからないようね。仕方ないなぁ。今回だけ特別に教えてあげる。同一大会最多出場記録よ」

なるほど、長い歴史がある大会だから達成できる記録ってわけですね。それにしても誰が達成した記録なのでしょうか? 調べてみます。
わかりました。岡田美智子選手が1968年~2002年に連続で出場して記録した35回です。残念ながら優勝はありませんが、70年大会で2位に入っています。

「岡田選手は75年に十和田湖国際女子オープンで初優勝、その後息の長い活躍をして、国内ツアーで10勝を挙げた実力者よ。でもやっぱり、日本女子プロゴルフ選手権は最高峰の大会だから、優勝できなかったのは無念だったでしょうね」

派手な記録ではありませんが、メジャーに35回、しかも連続出場する実力を維持するってやっぱりすごい。

「日本女子プロゴルフ選手権ってトッププロが集まる大会だから、歌の世界でいえば紅白歌合戦のようなもの。それに35回出場ということは……」

紅白出場回数でそれに近い数字といえば和田アキ子の34回。なるほど、岡田プロのすごさが実感できるような気がします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー