数字の部屋

2011.07.07

全米女子オープン最年少出場は何歳?

droom110707

  全米オープンのローリー・マクロイ。目が釘付けになりました。難コースが舞台の全米OPで4日間60台をマークして完全優勝。トータル268ストロークは大会最少スコアでした。

「22歳1カ月でのメジャー優勝は、マスターズが始まった1934年以降では、タイガー・ウッズが97年のマスターズで記録した21歳3カ月に次ぐ年少記録よ。まさにニューヒーローの誕生ね。ところで今週は全米女子OPが開催される。若い選手が活躍する女子ツアー。今回はどんな試合になるか、とても楽しみだわ」

昨年はポーラ・クリーマーがただ一人アンダーパーをマークしてメジャー初優勝。日本勢では横峯さくら選手の10位タイが光りました。

「それと昨年は6月にプロ転向した天才少女が話題になったわね。彼女の名前はアレクシス・トンプソン。15歳126日でのプロ転向はミッシェル・ウィの15歳359日を抜いて史上最年少よ。昨年の全米女子OPは横峯さくら選手と同じく10位タイに入った。そんな彼女が全米女子OPで、ひとつの大記録を達成しているの。何だか分かる?」

なんでしょう? 調べてみます。
分かりました! 全米女子OP最年少出場記録ですね。07年に予選会を突破して本戦に出場。その時彼女は12歳4カ月。驚異的な記録です!

「初日が76、2日目が82というスコアで、残念ながら予選突破はできなかったけれど、それでも立派だわ」

その翌年の08年にも出場して予選落ちでしたが、09年ではきっちり予選通過して34位タイという成績。当時14歳なのですから、こちらも素晴らしい記録です。

「ちなみにそれまでの全米女子OPの最年少出場記録は、モーガン・プレッセルが01年大会で達成した13歳。プレッセルはその後、07年のクラフト・ナビスコ選手権で女子メジャー最年少優勝(18歳10カ月)を達成している。A・トンプソンも今後の大活躍が期待できるわね。彼女はいま16歳だから、今年の全米で優勝すれば、パク・インビの記録(19歳11カ月)を抜いて、最年少優勝よ」

身長180cm、体格に恵まれており飛距離が自慢の選手。最近の米女子ツアーはアジア勢が優勢なだけに、米国勢としては巻き返しを図りたい。もしかしたら彼女は救世主になるかもしれません。

「そうなるとツアーはもっと面白くなるわね」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー