数字の部屋

2011.06.30

石川遼の平均飛距離は?

droom110630

  先日行われた、図書館スタッフでのゴルフ。悔やまれるのは最終ホールのティショットでのミス。打球は大きく右に曲がりOBゾーンへと消えていった。あれがなければ念願の100切りを実現できたはずなのに……。

「この間は残念だったわね。あのホールは200ヤード地点で右にドッグレッグする短いパー4。新人くんは最短ルートで攻めようとしたのが裏目に出たってわけね。ゴルフはやっぱり“急がば回れ”よ。まぁ、石川遼くんくらいの飛距離があれば別だけどね。

石川遼選手といえば、オフィシャルブログのタイトルも“イソガバ.マワルナ!”ですもんね。そういえば、石川遼選手の平均飛距離って一体どれ位なのでしょうか? 調べてみましょう。
分かりました。プロ転向した2008年は290.37ヤードでドライビングディスタンスランク7位。09年は292.37ヤードで9位。2010年は296.79ヤードで3位。そして今年のデータは日本ゴルフツアー選手権までの7試合で294.92ヤード。ランクは8位。いずれもトップ10入りを果たしているのはさすがです。

「常に上位争いに絡む遼くんの、最大の武器が飛距離ってことよね。ところで、米ツアーでの飛距離はどうなのかしら」

アメリカでは、今年これまでに7試合参戦して、平均飛距離290.7ヤード。規定試合数に達していないので参考記録ですが、ランクは71位相当です。ちなみに飛距離の計測ホールで最も飛んだのが、トランジションズ選手権の2日目、10番ホール(パー4、445ヤード)で記録した350ヤードです。これでも、米ツアーでは568位というランキング。いまのところの最長飛距離は、J.B.ホームズの415ヤード。バレロ・テキサスオープン2日目10番ホール(パー4、447ヤード)での記録です。彼は平均飛距離でも、316.9ヤードでナンバーワンです。

「J.B.ホームズは米ツアーきっての飛ばし屋。上には上がいるのよね。日本ではいまのところ諸藤将次選手が平均飛距離303.53ヤードでトップだけれど、それを遥かに超える記録だもの、お手上げとしか言いようがないわね」

でも、ホームズの世界ランクは58位。49位の石川遼選手のほうが上なんです。トータルの実力なら勝っていますよ!

「それに、遼くんには誰にも負けない向上心がある。『飛距離がほしい』と日々練習に励んで、最近は体もひとまわりたくましくなった。日本一の飛ばし屋の称号はもちろん、いつかは世界トップクラスの飛距離を誇る選手に成長しているかもしれないわ」

そうなったら、きっと海外メジャーで優勝争いをしているでしょうね。その日が楽しみです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー