数字の部屋

2011.03.10

年間複数回優勝達成の最年少記録は?

droom110310

  ノーザントラストオープンは予選落ち。アクセンチュアマッチプレーは1回戦敗退。今日から始まるキャデラック選手権でも注目の19歳。今シーズンはまだエンジンがかかっていないようだ。

「石川遼くんのことね。4月のマスターズに備えて今年は2~3月の米ツアー5試合に出場を予定している。残念ながらまだ結果は出せていないけど、長い目で見なくっちゃ。彼はまだ19歳。今の苦労や経験が、さらに成長するための肥やしになる。ほら、言うじゃない。『若いうちの苦労は買ってでもしろ』って」

伸び代がある今しかできないことってたくさんありますからね。それにしても石川選手、今年はどんな話題を提供してくれるのでしょうか? 2007年には史上最年少ツアー優勝を果たして、2008年は1億円突破で最年少賞金シード獲得。さらに2009年は最年少賞金王で、2010年は5月の中日クラウンズ最終日に58のギネスレコードをマーク。今シーズンも何かやってくれそうな気がします。

「ほんと、恐るべきティーンエイジャーよね。でも新人くん、遼くんにはその他にも注目すべき記録があるのを知ってる?」

ん??? なんですか?

「年間複数優勝の最年少記録よ。1シーズンに2勝以上した選手の最年少記録ってこと」

なるほど、そういう記録がありますか。さすが先輩、目の付けどころが違いますね。ところで、それを達成したのはいつだろう? 調べてみます。
石川選手は2007年、2008年がそれぞれ1勝で、賞金王に輝いた2009年は4勝。つまりこの年の2勝目となったサン・クロレラクラシック最終日に記録は達成されたわけですね。この時、石川選手は17歳と10カ月15日でした。

「ちなみにそれまでの記録は、1977年にセベ・バレステロス選手が日本オープンとダンロップフェニックスの2週連続優勝で達成した20歳7カ月18日よ」

石川選手は今年9月で20歳です。これまで2週連続優勝はないから、もし今シーズン中にこれを達成すれば、最年少記録更新になるわけですね。

「そういうこと。これもまた楽しみだわ」

新しい記録、新しい数字。今年も期待してるぞ、遼くん!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー