数字の部屋

2010.11.04

世界最大コースのホール数は?

droom101104

  今週末は、中国でHSBCチャンピオンズが開催されるということだ。我らが遼くんや池田勇太選手、それにタイガーやミケルソンなど、世界のトッププレーヤーが集まる大会なんだ。

「昨年の優勝者はミケルソンだったわね。今シーズンから世界ゴルフ選手権(WGC)シリーズに格上げされて、ますます盛り上がるわ」

会場のシャーシャン・インターナショナルGCは中国でも指折りの格式あるコースらしいですよ。成長著しい中国の名門コースなんてさぞゴージャスなんだろうなあ。

「そうね。中国のゴルフ場といえば、あるゴルフ場がギネス記録の認定を受けていることでとっても有名だわ。それってどこだか知ってる?」

え? し、調べてみます。えっと、世界最長のコースはたしか調べたことがあったけど……。
わかったぞ。広東省深セン(土偏に川)にあるミッションヒルズゴルフクラブですね。1994年に18ホールのコースとしてオープンした後、コースが次々と造られて、10コース・180ホールとなった時点で、米国のパインハースト(8コース)を抜いて、世界最大のゴルフ場として2004年にギネス認定された。その後も増え続けて、現在は12コース・216ホールだ。

「その12コースを設計したのは、ジャック・ニクラスやアーニー・エルス、グレッグ・ノーマンをはじめとした世界の名プレーヤーや有名コースデザイナー。そのなかには、世界ゴルフ殿堂入りが決まった尾崎将司選手やアニカ・ソレンスタムの名前もあるわ」

12のコースのほとんどは7,000ヤードを超えるタフなセッティングだ。そこに名選手の設計理念が秘められているのですね。彼らがどんなコースを造り上げたのか、怖いもの見たさじゃないですけど、一度挑戦してみたい気もします。

「1995年と2009年にはワールドカップも開催されているのよ。それに、いま日本人のアマチュア選手として初めてマスターズに出場する松山英樹選手が話題よね。その出場権が得られるアジア・アマチュア選手権も昨年はここで開催されたのよ」

広大な国土を持ち、経済成長著しい中国ならではのスケールの大きさを感じずにはいられませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー