数字の部屋

2010.09.30

南アフリカ出身のメジャーチャンピオンは何人?

droom100930

  記録的な猛暑を記録した今年の夏。暑さには本当にまいったけど、終わってみれば、ちょっぴり寂しい気もする。汗をダラダラ流しながら、いろんなことを楽しんだからな。

「スポーツ観戦もそのひとつね。6月のワールドカップサッカー南アフリカ大会に始まり、ゴルフでは全米オープン、全英オープン、そして全米プロ。中でも全英オープンでのルーイー・ウェストハウゼンの勝利は見事だった。2位のリー・ウエストウッドに7打差をつけての圧勝。セントアンドリュースでのメジャー初優勝は、実に46年ぶりだそうよ」

ウェストハウゼンは南アフリカ出身の選手。ワールドカップサッカーと全英オープンで夏の南アフリカは大いに盛り上がったことでしょうね。世界4大メジャーチャンピオンといえば米国やヨーロッパが圧倒的だけれど、豪州とともに頑張っているのが南アフリカ勢だ。これまで南アフリカ出身のメジャーチャンピオンって何人ぐらいいるんだろう? 調べてみよう。
う~ん。これは苦戦しそうだ。各大会の歴代優勝者は分かるけれど、残念ながら古い時代の選手の国籍がわからない。でもとりあえず南アフリカでいうとボビー・ロック、ゲーリー・プレーヤー、アーニー・エルス、レティーフ・グーセン、トレバー・イメルマン、そしてウェストハウゼンの6人だ。

「アフリカ勢ではメジャー3勝のニック・プライスも有名ね。ジンバブエの選手だけど、生まれは南アフリカよ」

それにしても南アフリカからはメジャーチャンピオンが次々登場しています。何か秘密があるのでしょうか。

「南アフリカは昔、イギリスの植民地だったためか、とてもゴルフが盛んな国。しかも、G・プレーヤーやエルスらは後進の指導にも情熱を注いでいるわ。例えば、エルスはゴルファー育成のための基金を創設。ウェストハウゼンは、この基金の援助を受けて成長した選手なのよ。彼もまた、後進を育てるためにジュニア基金を設立しているわ」

5年、10年先のことを考えているわけか。さすがメジャーを制するような名選手は、人間的にも器が大きいですね。

「それに、女子ゴルフの世界では、2005年の第1回女子ワールドカップで優勝した宮里藍選手や北田瑠衣選手が人気あるそううよ」

日本のスポーツ界にとって、南アフリカは今後も目を離せない存在ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー