数字の部屋

2010.09.02

今年の夏のトーナメント平均気温は?

droom100902

  いよいよ9月。だけど、しばらくは厳しい残暑が続くという恐ろしい予報がでた。今年の夏の暑さといったら、もう熱帯並みだ。

「同感だわ。真夏のゴルフ場はまるで灼熱地獄。今年の夏もまるでサウナでゴルフをしているみたい。しかも紫外線が気になるし」

地球温暖化の影響なのでしょうか。ここ数年の夏の暑さは尋常じゃありません。今年も35℃を超える猛暑日が何日もあって、熱中症やゲリラ豪雨のニュースを耳にしました。

「私たちはエアコンの効いた部屋で仕事をするからいいけれど、屋外で仕事をする人たちは大変ね」

外での仕事といえば、まず頭に浮かぶのはプロゴルファー。今年の夏に行われたトーナメントの平均気温って、どれくらいなんだろう? 7~8月のデータを調べてみよう。

出たぞ。男子はトーシンゴルフトーナメントからVanaH杯KBVCオーガスタまでの6試合24日間の平均気温が29.7℃。女子は、日医工女子オープンからニトリレディスまでの6試合18日間の平均気温が26.5℃。男女7試合のデータを合わせると28.1℃だ。

期間中、最も気温が高かったのは、8月19日~22日に京都府の田辺CCで行われた関西オープン選手権3日目の34.6℃。逆に7月22日~25に北海道のザ・ノースカントリーGCで開催されたセガサミーカップ初日は17.9℃と最も気温が低かった。夏のゴルフといっても思ったほど気温は高くないんだな。

「ゴルフトーナメントのスケジュールは、選手やギャラリーの体調を考慮して組まれるので真夏の一番暑い時期はオープンウィークになる。それに北海道や高原といった涼しい場所で行われる大会が多くなるわ。思ったほど気温が高くないのはそんな理由があるからなの」

なるほど。さすが先輩。

「百戦錬磨のツアープロも、毎年秋口には疲労がピークに達するというわ。夏の体力消耗を抑えて、秋のビッグトーナメントに備えるというわけね」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー