数字の部屋

2010.06.24

日本人男子の世界ランク最高位は?

droom100624

  毎晩、熱戦が繰り広げられるサッカーワールドカップ。とくに初戦の日本のカメルーン戦は本当にエキサイトした。1点リードで迎えた後半のロスタイムは、本当に長い4分間だった。試合終了のホイッスルが鳴った時は、ホッとしたな~。

「日本は世界ランク45位。対するカメルーンは19位。いわば格上のチームが相手だっただけに、応援に一層熱が入ったわ。勝てて本当によかった」

岡田監督の目標は「ベスト4」。そうなれば日本のランクも当然ジャンプアップするでしょうね。それにしてもこの世界ランクって便利です。チームの実力を知る目安になりますから。ゴルフでもワールドランキングがありますよね。男子でいえば1位はタイガー・ウッズで、2位はフィル・ミケルソン。

「そして今、女子で話題となっているのが宮里藍ちゃん。今季はすでに4勝を挙げて、現在世界ランクは堂々の1位よ」

今季、米女子ツアーが始まった時点での宮里選手の世界ランクは8位だったのが、開幕戦と第2戦の連勝で3位にランクアップ。そして国内メジャー、サロンパスワールドレディスの後、2位に浮上した。そして、先日のショップライトLPGAクラシックで逆転優勝。ほんとに大したものです。ところで、男子プロの世界ランク最高位は何位なのかな? 調べてみよう。
わかったぞ! 男子では、ワールドランキングが制度化されたばかりの1986年からおよそ1年に渡って中嶋常幸選手が4位をキープしていた。その頃はソニー・ワールドゴルフランキングと呼ばれて、まだ信頼あるものではなかったらしいけど、1999年からメジャー競技や世界選手権の出場資格を決める基準として重要視されるようになった。その1999年には尾崎将司選手が12位にランクされたこともある。

「ちなみに石川遼選手のランク最高位は昨年11月29日付けの29位。今回の全米オープンでの大健闘で、遼くんのランキングも少し上がったはずよ」

遼くんには中嶋選手の世界4位の記録をぜひ更新してほしいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー