数字の部屋

2010.04.29

最年長エージシュートは何歳?

droom100429

 ハッピー バースデー トゥ ユー♪ 先輩、お誕生日、おめでとうございます。これ、心ばかりのプレゼントです。どうぞ、受け取ってください。……あれっ、どうしたんですか? 何だか元気ないですね。

「今日で私も30歳。俗にいう“み・そ・じ”。これから歳を重ねるごとに体力は衰え、肌の色艶は失われていく。それに、若い子たちには陰で“お局様”って呼ばれるのよ。はぁ~、お先真っ暗!」

そんなことありません。最近の先輩には大人の女っていうか、そんな雰囲気がありますよ。それに得意のゴルフだって、これからはエージシュートを……。

「まだ、そんな歳じゃない!」

あっ、これは言葉が足りませんでした。そうそう、9ホールのスコアで“ハーフ・エージシュート”を狙ってみるという楽しみもあるんじゃないでしょうか?

「それはそうだけど……」

それにしてもエージシュートって憧れます。ボクもシニア世代になったら、これを目指せるようなゴルファーになりたいな。

「6,000ヤード以上のコースで、自分の年齢か、またはそれ以下のスコアでラウンドするのがエージシュート。国内では、青木功プロが65歳でマークした65が有名ね。世界最年少記録では1975年に米国のボブ・ハミルトンが59歳で59をマークしているわ」

59とか65のスコアって、ボクにゃとうてい無理。でももう少し上の年齢になれば狙えるかも。エージシュート世界年長記録って、どのくらいなんだろう? 調べてみよう。
おっとありました。カナダのアーサー・トンプソンという人が103歳の時にアップランドGC(6,216ヤード)で「103」を記録しているのが世界最年長記録。スコア的にはボクでも狙えるけれど、103歳でとなると話は別だ。ちなみにこの人は100歳のときに97でラウンドしている。トンプソンさんって、とても元気な人だったんだろうな。

「技術と体力、精神力が維持されていないと実現できないのがエージシュート。ひ弱なキミには縁のない数字のようね」

……。

「ところでプレゼント、ありがたく頂戴するわ。いったい何かしら? あら、お味噌!?って、このヤロー(怒)」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー