数字の部屋

2009.12.24

石川遼くんの1打のお値段って?

石川遼くんの1打のお値段って?

  2009年の男子トーナメントは本当に面白かったな。主役はやっぱり遼くん。ピンチの場面でも、目の醒めるようなスーパーショットでチャンスに変える。やっぱりプロのゴルフはああでなくっちゃ。“記憶に残る選手”ってのは、彼のような選手をいうんだな。

「石川遼選手って、本当に素敵よね。ターゲットを見つめる鋭い眼差しとプレー後の愛らしい笑顔。母性本能をくすぐるわ。でもね、新人くん、遼くんは記憶に残る選手というだけじゃないわよ。18歳2カ月の賞金王は、世界6大ツアーの最年少記録。だから“記録にも残る選手”でもあるの」

確かにそうだ。ツアー優勝の15歳7カ月も最年少記録だったからな。それにしても、スーパースターは大変だ。毎回、大ギャラリーに囲まれて、ボールを打たなきゃならないのだから。朝イチのショットでさえ、ガチガチに緊張するボクなら、空振り、いやきっと卒倒するな。

「そのお値段っていくらだか知ってる?」

卒倒する値段?

「遼くんの1ショットのお値段よ。09年の獲得賞金を、出場試合の総ストロークで割った数字が1打のお値段ってわけよ」

ちょっと下世話な話だけど、面白そうだな。2009年、遼くんは26試合に出場して、その総ストローク数は6,752打。獲得賞金の1億8,352万4,051円をこれで割ると約2万7,180円。ボクの給料を日割りで計算すると約1万円だから、たった1打で倍以上も稼いでいることになるんだ。

「たった1回のショットでファンをあれだけワクワクさせてくれるのだから、安いくらいよ。ちなみに日本ツアーでのこれまでの年間最多獲得賞金は2001年に伊澤利光選手が記録した2億1,793万4,583円。この年はマッチプレーの試合に1つ出場しているので、これを除外して計算すると1打が4万3,587円にもなるの。もっとすごいのはタイガー・ウッズ。昨年でいうと、彼もやはりマッチプレーに1試合出場しているので、これを除いて計算すると1打のお値段は、何と約21万9600円にもなるの」。

それって、ボクの月給とほぼ同じじゃないっすか……ガクッ。

「遼くんにも、それぐらい稼げるプレーヤーに成長してもらいたいわ。新人くんもがんばってね」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー