僕のマグノリアレーン

2013.04.11

【第112回】
毎年恒例! マスターズ大予想

僕のマグノリアレーン

今年も「選手」としてではなく「記者」としてオーガスタの地にやってきた上杉隆。今週は、マスターズのプレスルームにいる上杉と、日本で留守番中のプロゴルファー・中井学を回線で結び、マスターズ大予想!

第1回から読む   バックナンバー

ジョージア州オーガスタから
"特派記者"の上杉がお届けします!

112_1上杉 いやー、今年も来てしまいましたよ、この地に。

中井 いいなあ、オーガスタナショナルGC。テレビでは数えきれないくらい観戦していますが、実際にその場に行ったことはありません。

上杉 ふふふ、私は今回で4回目ですからね。なにしろ4度目の出場。いや4回目とは…。もはや「メンバー」は言い過ぎとしても、「友の会」の会員といっても過言ではありません。

中井 女性メンバーやジュニアゴルファーを受け入れるなど、開放路線を敷いているオーガスタですが、「友の会」まであるという情報は入手していません。

上杉 そうでしたっけ?

中井 ともあれ、今週はマスターズ開催直前スペシャル。レッスンをお休みして、恒例となりつつある「マスターズ大予想」をしてみたいと思います。上杉さんは今年のマスターズ、誰が勝つと予想されますか?

上杉 うーん、やはりタイガーですね。でも敢えて挙げるならば、うーん、やっぱりタイガーかな~。

中井 たしかに。僕も、月並みですが本命はタイガーを推します。今年はすでに3勝。しかも、勝っている試合がいい。

上杉 ん? どういうこと?

中井 今年タイガーが勝ったファーマーズインシュランスのトーレパインズ、キャディラック選手権のドラール(TPCブルーモンスター)、そしてアーノルド・パーマー招待のベイヒル。これら3コースは、タイガーがいくつもの勝利を重ねてきた得意コースなわけです。

上杉 私にとっての東京都の赤羽ゴルフ倶楽部ということですね?

中井 たぶん、いや、だいぶ違います。

上杉 じゃあ、茨城県のセベ・バレステロスGC?

中井 ご自分の誕生日コンペで優勝しただけじゃないですか。新ペリア方式で。

上杉 なんと! あのときは誰も祝福してくれず、むしろ「空気を読め」とののしられる始末でした。

中井 同情します。ともかく、今年のタイガーは得意コースできっちり勝っている。これは、タイガーの調子をはかるひとつのバロメータなんです。そして、タイガーにとってのオーガスタは過去4回勝利を収めている相性のいいコースです。

上杉 なるほど~。ただ、練習ラウンドでローリー・マクロイに付いたんですが、彼は相当気合いが入っていますね。ロングアイアンがちょっと左にいく感じがありましたが、それさえ調整できれば、面白い存在だと思います。

中井 マクロイといえば2011年のマスターズ。最終日をトップで快調に走りながら、バックナインでまさかの大叩きをしたのが印象に残ります。あれでダメにならずに、その年の全米オープンに勝って世界NO.1にまで上り詰めたんだから、すごいですよね。

上杉 10番のティショットのチョロは私もそばで見ていました。信じられないプレー。東京都アマチュア選手権の最終ホールの自分を見ているようでした。で、中井プロ的にはどうですか、マクロイは。

中井 先週の試合で2位に入るなど復調気配ですが、今年は序盤がやや不調でしたからね。もちろんいずれはマスターズで勝つ選手だと思いますが、今年はないかな~。僕は、個人的には同じ契約先ということもあり、ピンのプレーヤーに期待しています。

ラフが短いオーガスタは
飛ばし屋が絶対的に有利!

112_2上杉 言われてみると、バッバ・ワトソン、アンヘル・カブレラ、ルーイー・ウェストハイゼン。ピンの選手ってマスターズと相性がいい気がします。

中井 そうなんですよ。去年はバッバとウェストハイゼン、ピンの選手ふたりの優勝争いでしたからね。たまりませんでした。

上杉 ピンの選手が活躍することで売り上げが伸び、自分の契約金もアップすると……?

中井 ……そんなセコいことは考えていません。

上杉 ウェストハイゼンって、全英も勝っているけどなんかあんまり特徴がないんですよね。

中井 特徴のなさこそが彼の最大の長所。逆にいえば、欠点がなにもなく、すべてのプレーのクオリティが高いんです。それは、総合力を問われるメジャー競技では、時に最大の強みとなります。2011年のマスターズ王者、シャール・シュワーツェルもそうですが、南アフリカの“エルスチルドレン”は強いですよ、本当に。

上杉 そのエルスも去年全英で勝ったもんな~。今年はマスターズ直前、現地ではゲーリー・プレーヤーも含めて、各メディアが南ア特集を組んでいました。おそるべし、南ア。ところで、欠点がないといえばルーク・ドナルドはどうですか? 彼も欠点のないプレーヤーという感じがしますが……。

中井 確かにそうです。ただ、飛距離! 飛距離だけが物足りないんです。メジャーは通常のトーナメントに比べて距離が長く、グリーンも硬くしまっている。飛距離のない選手にとってはもっとも分の悪いセッティングなんです。とくにオーガスタって、実は「曲げてもOK」なコースなんですよ、実は。

上杉 たしかに、タイガーをはじめ、ミケルソン、カブレラ、バッバ・ワトソン……飛ばし屋が勝っています。

中井 深いラフがなく、林の中からでも曲げればグリーンを狙えるマスターズでは、飛ばし屋が有利なんですよ。

上杉 セベ・バレステロス的な攻め方ということですね?

中井 まさにそうです。

上杉 日本勢はどうですか?

中井 藤田寛之プロに石川遼プロ。残念ながら、ふたりとも今年チャンスは極めて少ないと言えます。まず、藤田プロは直前の怪我(右わき腹の疲労骨折)が痛すぎる。マスターズに向けて気合いが入り、ストイックに自分を追い込んだ結果の疲労骨折で、その気持ちは、僕も練習しすぎて疲労骨折したことがありますからよく分かります。しかし、今のコンディションでは厳しい。そして石川遼くんは、みなさんあーだこーだ言いますが、「米ツアーの新人選手」であることを忘れています。石川遼くんの技術がどうこうではなく、新人に勝つチャンスがある試合では基本的にありません。藤田プロはコンディションが万全であること、遼くんはツアーでの経験を2年、3年と重ねること。これがいずれも上位進出の条件です。

上杉 では、上杉隆選手はどうでしょう?

中井 まずは、関東アマの予選を通過したいですよね。70台で回れるように、がんばりましょう。

上杉 なんか、コメントが雑ですね。それに東京都アマの決勝が先ですよ。決勝が!

中井 雑にもなりますよ、そりゃ。あ、あと個人的にはメジャーにあと1歩で手が届かないリー・ウエストウッド、そして同じ英国のジャスティン・ローズにも期待しています。彼らは世界の頂点にあと1歩で手が届くところまで上り詰めながら、一度表舞台から姿を消し、再びカムバックしてきた選手。そういう選手が好きなんだよなぁ。

上杉 あっ、大事なことを告知し忘れていました。

中井 なんでしょう。

上杉 マスターズの最終日、日本時間の15日月曜日午前3時半から、ニコニコ生放送で私とホリエモンこと堀江貴文さんほかの豪華メンバーで、「マスターズ勝手に実況中継」をするんでした。テレビ中継を観ながら、副音声的にチェックしてもらいたいですね。

中井 あれ? 上杉さん、今オーガスタにいるはずじゃ……。

上杉 その番組のために帰るんですよ、予選ラウンドまでを取材して(涙)。ともあれ、予想をまとめると、タイガー、ウェストハイゼン、ローズにウエストウッドが中井プロの予想。それだけ挙げて全部外したら。うふふ。

中井 なんて不気味な笑みなんだ……。

 
果たして上杉と中井の予想は当たるのか!? 大本命のタイガーが足踏みするようだと……その瞬間に波乱の予感。次週、「マスターズ大反省会」開催予定。というわけで来週も、目指せ、マスターズ!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー