僕のマグノリアレーン

2013.03.07

【第107回】
打ち上げホールは、スライスで攻める!

僕のマグノリアレーン

「マスターズを目指す!」と日夜ゴルフに打ち込む元・ジャーナリストとレッスン担当のプロゴルファー・中井学。目前に迫った「都アマ予選」に向け、今週は練習ラウンドに来ています。

第1回から読む   バックナンバー

都アマ予選会場・八王子CCを
攻略するための"秘密兵器"とは?

中井 さて、いよいよ上杉さんの今年度競技初戦、「第15回東京都男女アマチュアゴルフ選手権」予選が近づいてきましたね。

上杉 「僕マグ」の更新日は毎週木曜日ですが、試合は金曜日(8日)ですからね。今回はまさに“直前スペシャル”です。

中井 というわけで今週は、先週お伝えした通り、会場となる八王子CCに練習ラウンドにきています。

上杉 このコースは、セカンドショットが打ち上げになっているホールが多くて、実際にプレーすると非常に長く感じるんです。そこで、中井プロには秘密兵器を持ってきてもらったわけですが……。

中井 ちょっと悩んだんですが、今回はPINGのハイブリッド(UT)を持ってきました。上杉さんは打ち込み系のインパクト観の持ち主。やはりショートウッドよりも、UTが合うと思います。

上杉 よし、さっそく使ってみます。今日はINスタートですが、11番ホールがさっそく171ヤードのパー3です。

中井 ちなみに、このPINGの「G25」のロフトは23度。ちょうど4番アイアンくらいのロフトです。

上杉 (打つ)。あっ、思いっきりヒールだっ。……あれ? あんまり曲がらない。当たり自体薄かったのに、グリーン右奥にオーバーしました。距離も出てますね。

中井 多少ミスヒットしても曲がりが少なく、距離も落ちない。これがUTのいいところですね。上杉さんが普段使っているマッスルバックの4番アイアンなら、右OBになっていてもおかしくありません。

上杉 なるほど、ミスを許容してくれるというわけですか。

中井 英語でいうところの「forgiveness」。ミスを許してくれる、という感じですね。

上杉 すべてのミスを許してもらいたいところですが……。

中井 そんな都合のいいクラブはありません。さて、UTの場合、ショートウッドなどに比べればつかまりやすさは下がりますが、その分だけ左にいきにくい。そして、この八王子CCでは「左にいかない」ことが上位進出する上で非常に重要になります。

上杉 ちょっと! 中井プロ! 都アマ予選に参加するライバルたちが、この連載を読んだらどうするんですかっ。コース攻略に関する助言は、クローズな場所で行ってください。

中井 普段「記者会見のオープン化」を熱心に提唱しているのに……。

上杉 ぐぐっ、そこを突かれると痛い。

フェースはターゲットに向けたまま
スタンスをわずかに左に向ける!

107左足上がりからスライスを打つ場合は、傾斜に沿って、ややオープンに構えよう
中井 では、フルオープンで解説します。八王子CCのように、セカンドが打ち上げになるコースの場合、スライス系の球がコース攻略に必須になるんです。

上杉 どうして?

中井 ひとつには、ミスを防ぐということがあります。セカンドが打ち上げということは、セカンドショット地点がゆるやかな左足上がりになっている場合が多いということでもあります。左足上がりのライから球をつかまえにいこうとすると、どうしても上半身が右に傾いたアオリ打ちになりやすい。しかも、長いクラブほどその傾向は強まります。

上杉 なるほど、そうならないように、クラブを傾斜に対して打ち込むようにして、スライスを打てばいいんですね。

中井 うーん、それは若干違うんですよ。いわゆる“ぶっつけスライス”では曲がり幅が計算できません。そうではなくて、クラブが抜ける方向にスタンスを向けてほしいんです。

上杉 ん? どういうことですか。

中井 左足上がりのライで、ターゲットに対してスクェアに立ったら、インパクト後にクラブが地面に突き刺さりますよね。だから、クラブが抜けるようにスタンスの向きをわずかに左に向けてほしいんです。ただし、フェースはターゲットに向けたまま。

上杉 ちょっと、やってみます(傾斜地で何回か素振り)。あ、たしかにクラブが地面に突っかからず、気持ち良く振り抜けますね。

中井 でしょ? で、このように振るとボールは自然にスライスするわけです。距離が長い分、長いクラブを持たされる。しかも、打ち上げになっているため、高い球で攻めないとボールが止めにくい。八王子CCのタフなセッティングを攻略するには、このように「左足上がりから長い番手でスライスを打つ」技術が必要というわけです。

上杉 アオリ打ちになると、チーピンが出ちゃいますもんね。

中井 そうそう。このコースはOBが浅いですから、チーピンが出ると“即死”です。競技でボギーは仕方ありませんが、ダボ以上がほぼ確定するOBだけは絶対に避けねばなりません。

上杉 左にいかないユーティリティと、落ち際でスライスし、ボールを止める打ち方……このふたつがあれば、予選通過は確実ですね。むしろ、一体全体どうやったら予選を落ちることができるのでしょう、中井プロ。

中井 知りません。まあ、普段通りのプレーができれば予選は通れるはずです。今の上杉さんの実力なら。

上杉 そうだ! 念には念を入れ、もしも予選を通過できなかった場合、特例措置として決勝に進出できるよう、今のうちから東京都の猪瀬直樹知事に陳情しておきましょう。なにしろ、“都知事杯争奪”と銘打たれている大会ですからね。ふふふ。

中井 な、なんとせこい考え方なんだ……。

 
というわけでいよいよ明日(8日)! に迫った都アマ予選。上杉は果たして予選通過できるのか!? 結果は来週の「僕マグ」でお伝えします。目指せ、予選通過! 目指せ、マスターズ!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー