僕のマグノリアレーン

2011.04.27

【第15回】
「重心移動コンプレックス」

僕のマグノリアレーン

マスターズを目指す! そう宣言したジャーナリスト・上杉隆と、それをサポートするプロコーチ・中井学の二人三脚空想ゴルフレッスンドキュメント「僕のマグノリアレーン」。今週は、取材時に「大事件」が起こったため、予告の内容を変更してお届けします!

第1回から読む   バックナンバー

 伝説のギタリストから
カラオケに誘われた!

上杉 どうしよう、大変だ。どうしよう、大変です。本当にどうしよう……。

中井 いきなりどうしたんですか、上杉さん。まあ、落ち着いて。もうグリーンが空いていますから、とりあえず、早くセカンドショットを打ってください。

上杉 それどころじゃないんです、 中井プロ。ちょっとこれを見てくださいよ(と、携帯電話の画面を見せる。Twitterの画面だ)。


uesugitakashi 上杉隆
はい!と答えながら大胆に誘ってみる。( →_→) @_HOTEI RT @Gota_NonaReeves:上杉さん、落ち着いたらCOMPLEX & BOOWY カラオケ行きましょうねー^^!吉川物真似対決したいですw。

中井 なるほど、人気バンド「ノーナ・リーブス」のボーカル、西寺郷太さんにカラオケに誘われた、と。それでCOMPELXとBOΦWY(いずれも80~90年代に活躍したロックバンド、念のため)のメンバーとして活躍した、日本を代表するギタリスト、布袋寅泰さんを大胆にも誘った、というわけですね。それがいったいどうしたと……まさか!

上杉 その「まさか」なんですよ! ほらっ。


_HOTEI 布袋寅泰
ギターを持って参加しましょう!(^ー^)ノ RT @uesugitakashi: (cont)
http://tl.gd/a09mtj

中井 これは……大変なことになりましたね。上杉さんが大ファンである布袋さんの目の前で、しかも布袋さんのギターに乗せて、布袋さんのバンド時代の曲をカラオケで歌うことになった、と。

上杉 恐ろしいことになりましたよ、これは。たとえて言うならば、マスターズの本選中に、憧れのセベ・バレステロス本人の目の前で、私が得意とする彼のモノマネを本人に披露する、それくらいの一大事です。

中井 なるほど、それは一大事。ですが、とりあえず今はセカンドショットを打ってください……(上杉、あわてて打つ)あ~、バンカーだ。明らかに動揺していますね。

上杉 もし仮に総理大臣に官房長官就任を打診されようとも、私は決して動揺しません。でも、これはそれどころの話ではありません。なにしろ、氷室京介、吉川晃司(それぞれBOΦWY、COMPLEXのメンバー)といった、偉大なるボーカリストの「代役」をつとめるわけですからね。

中井 それはちょっと違う気もしますが、まあそういうことにしておきましょう。

上杉 ちょっと、練習しておかなくっちゃ。どうですか、このポーズ(写真参照)。

中井 あれっ。意外と、決まってますね。

上杉 学生時代、議員秘書時代、そして現在に至るまで、カラオケではBOΦWYかCOMPLEXを歌い、さらには移動の車の中でも「ビート・エモーション」で「ビー・マイ・ベイベー」な感じですから、私はいつも。ついでにポージングに至るまで、ほぼ完ぺきにマスターしている自負はあります。

中井 うーん、この見事なモノマネっぷりは、ゴルフにも役に立つかもしれません。

上杉 えっ? ホント?

中井 本当です。よし、今週は「モノマネ」の効用について、やや番外編的に説明しましょう。

上杉 うーん、まさか本筋の話につながるとは思ってもみませんでしたが、実に興味深いですね。どういうことでしょうか。

 「モノマネ」することで
スムーズに始動できる

015
 ケータイがマイク! カートがステージ! 取材中にも関わらず、吉川晃司氏のモノマネに夢中の上杉隆。これがゴルフに役に立つ!?
中井 では、その前に質問です。ゴルフでよく言う「体重移動」と「重心移動」。このふたつの言葉の違いはなんだと思いますか?

上杉 その手には乗りません、中井プロ。引っかけ問題ですね? 正解は、「どちらも同じ意味」だっ!

中井 ブブーッ、不正解です。多くの人はこのふたつの言葉を混同してしまっていますが、このふたつは分けて考えないと、スウィングの根幹を揺るがしかねません。

上杉 なんだか、大きな話になってきましたね。布袋さんのことも気になりますが、詳しく聞きましょう。

中井 まず覚えていただきたいのは、体重移動とは重心の移動によって「起こる」もの、つまり付加的なものだということです。たとえば歩くとき、人はまず体をほんのわずかに前に傾けます。それにより、重心が前に移動し、それにつられて足が前に出る。つまり、体重の移動が起こる。それが、歩くという自然な動作なんです。ゴルフでいえば、骨盤を後ろに引くような動き、つまり下半身リードで上半身を旋回させることにより、重心が右に移る。それに伴って体重が右に移動されるのが自然というわけです。

上杉 うーん、分かるような、分からないような。中井プロ、そろそろ布袋さんとのカラオケに備えて歌の練習に戻ってもいいですか?

中井 お願いだからもう少し我慢してください。

上杉 しょうがないなあ。ところで、重心の話とモノマネの話はどうつながるんですか?
中井 上杉さんのスウィングは、重心の移動がほとんどないんです。だから今イチ飛距離が出ない。そこでモノマネなんです。上杉さん、よくセベ(・バレステロス)のモノマネをするじゃないですか。あのときは、アドレス時に足踏みしながら重心を左右に揺さぶり、左足に寄っていた重心を右足に移すことでテークバックしている。あの感じが、ふだんのスウィングでもほしいんですよ。

上杉 なるほど~。でも、セベのモノマネをすると全然飛ばないんですけど……。

中井 その理由は単純です。ただマジメに振ってないだけ。

上杉 失礼しました。今後は、もっとマジメにモノマネします。

中井 それまた若干違うような気がしますが、ともかく上杉さんをはじめ、多くのアマチュアは、アドレスで固まってしまい、そこから手でクラブを引き上げてしまっています。一方、プロは細かく足踏みをしたり、体を揺らしたりして、つねに重心を左右に細かく移し、その延長線上でクラブを振り上げるから、手打ちにならないんです。セベでなくとももちろん構いません。遼くんでも、タイガーでも、お好みのプロの動作を「モノマネ」してみることは、少なくとも始動に関しては大いにオススメできます。

上杉 そうか。スウィングの形の前に、「動きとして自然」であることのほうが大切だというわけですね……よし!

中井 なんですか、突然。

上杉 体の重心を意識して、もっと自然に吉川晃司氏のモノマネができるように練習します! どうですか? 中井プロ。もう少し腕を高い位置に上げたほうが、似てますかね?

中井 もう、好きにしてください……。

 
中井いわく、「重心とはバランスのこと。体重移動ばかり意識して、バランスが崩れては本末転倒なのでご注意を」とのこと。というわけで今週は、布袋寅泰氏からの突然のお誘いの影響で、特別版としてお伝えしました。そして、驚くべきことにこの後、本当にCOMPLEXが再結成、果たしてどうなるのか、この連載とコンサートは? ではまた来週。目指せ、東京ドーム、いやマスターズ!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー